高橋一生が“純愛”に挑戦!『九月の恋と出会うまで』実写映画化に大反響!

エンタメ

2018/3/25

 松尾由美『九月の恋と出会うまで』が2019年に実写映画化されることが決定。高橋一生と川口春奈がW主演を務めることも発表され、「何回も読み直してる小説だし絶対観たい! しかもキャストが高橋一生と川口春奈とか完璧すぎる」「映画化ってだけでめちゃくちゃ嬉しいのに、高橋一生が出るなんてもうどうしよう…!」と話題を呼んでいる。

 同作は大人も楽しめる“純愛ラブストーリー”。主人公・北村志織が引っ越したマンションの部屋の隣には、ちょっと不思議な小説家志望の男・平野進が住んでいた。ある夜、志織は部屋の壁を通して「1年後の未来にいる」という男の声に話しかけられる。しかしとある事件をきっかけに、声は聞こえなくなってしまい――。

 作中では、謎を解くうちに惹かれ合っていく2人の姿が描かれることに。原作は「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」恋愛部門の第1位に選ばれ、多くの読者から「普段は恋愛小説とか読まないんだけど、泣かされてしまった」「素敵な物語でした! こんな純粋な恋がしてみたい」と好評を博していた。

 今回の映画化では、平野進役に俳優・高橋一生がキャスティング。高橋は映画化にあたって「僕はいま37歳で、この先こういった恋愛映画に出演する機会も少なくなるかと思い、ぜひこの役をやらせていただきたいと思いました」とコメントし、意気込み十分といったようすを見せている。

img02
(C)松尾由美/双葉社
(C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

 恋愛映画の主演を初めて務める高橋に、ファンからは「愛する一生さんが恋愛映画で主演とか、観にいくしかないでしょ!」「ストーリーも面白そうだし、一生さんがどんな顔を見せてくれるのか楽しみ」と期待の声が続出。またW主演を務める北村志織役の川口も、「私は高橋一生さんと共演をしたいとずっと思っていたので、この作品でご一緒できることが本当に嬉しかったです」と喜びを語っている。

 大人気俳優たちが集結した心温まるラブストーリー。どんな作品が完成するのか、期待しながら公開を待とう。

■映画「九月の恋と出会うまで」
公開:2019年全国ロードショー
原作:松尾由美『九月の恋と出会うまで』
監督:山本透
出演:高橋一生、川口春奈