不倫、セックス、仕事、夫婦、生き方・・・セキララな大人の悩みに石田衣良が回答!

暮らし

2018/3/31

 小説家・石田衣良がさまざまな悩みに答える、『ミもフタもないけれど大人の知恵と情はある。「セキララ人生相談」』が2018年3月17日(土)に発売された。

 不倫、セックス、仕事、夫婦、生き方…。身がもだえるほどセキララな大人の悩みに、石田が世間の道徳を超越して全力で回答する。相談内容の凄さと、極めて現実的かつユーモアと愛に溢れた答えに引きこまれるはず。

<目次から一部抜粋>
恋の章
・両思いになれない恋はムダですか?
・貧乳の私でも、巨乳派の彼を射止めることができますか?
・アラフォーですが好きな人がみな既婚者で不安になります。

セックスの章
・顔がダメならセックスもダメなのでは?
・彼女の性欲を開花できません。
・体にコンプレックスがあって、脱ぎたくありません。

不倫の章
・最近妻子ある人の子どもを産みました。
・不倫のやめどきはいつですか?
・不倫バレ防止のテクニックを教えてください。

仕事の章
・部下が次々とうつ病になります。
・面接官の印象に残る自己アピールを書く方法はありますか?
・将来、できるだけ働きたくありません。

夫婦の章
・家庭内別居でセックスの時だけメールします。
・夫がゲームのガチャに毎月3~4万もつぎ込んでいます。
・妻の初体験の相手が大嫌いな上司でした。

親子の章
・娘にコンドームを買って渡そうか悩んでいます。
・父の借金の連帯保証人になってしまいました。
・LGBTに批判的な親から結婚をせまられています。

生き方の章
・どうしたら怠惰な生活を変えられますか?
・人の言葉に傷つかない方法や考え方があれば教えてください。
・お金とどう向き合うべきですか?

 艶めかしくも衝撃的な質問が並ぶ中で石田はどう答えるのか? 人気作家が語る言葉の数々に思わず膝を打つかもしれない。

石田衣良(いしだ・いら)
1960年、東京生まれ。1984年に成蹊大学を卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。1997年『池袋ウエストゲートパーク』でオール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。2003年『4TEEN フォーティーン』で直木賞を受賞。2006年『眠れぬ真珠』で島清恋愛文学賞、2013年『北斗、ある殺人者の回心』で中央公論文芸賞を受賞。『アキハバラ@DEEP』『美丘』など著書多数。ドラマ化、映画化された作品も多く、2018年4月には「娼年」が全国公開。会員制のオンラインブックサロン「世界はフィクションでできている」も主宰。

※掲載内容は変更になる場合があります。