5人に1人が当てはまる“ひといちばい敏感な子”を育てるには? 専門家たちがトークイベント開催

出産・子育て

2018/4/17

 ひといちばい敏感な性格を持つ人・HSP(Highly Sensitive Person)やHSC(Highly Sensitive Child)研究のパイオニア、エレイン・N・アーロンの初来日が決定。精神科医・明橋大二とのトークイベントが、2018年5月14日(月)に開催される。

 近年マスコミや保護者などの間で、急速に関心が高まっているHSPとHSC。このタイプに該当する人はちょっとした味の違いや室温の変化、大きな音などの刺激を受けやすい。また心の面でも傷つきやすく、物事をあれこれ心配しがち。生まれつき人一倍敏感な性格を持っているのが特徴で、子どもの内5人に1人が当てはまるという。

 今回イベントに出演する明橋は2015年にアーロンの著書『The Highly Sensitive Child』の邦訳、『ひといちばい敏感な子』を出版していた。同書では日本でほとんど知られていなかったHSP・HSCの特徴や、誤解されてきた事実が詳しく書かれている。HSP・HSCにとって強すぎる刺激を避け、最適な刺激を保つにはどうすればいいのか解説。「学校生活の課題をどのように克服していけばいいのか」などの悩みに対し、乳幼児期から思春期まで年代別にアドバイスしていく。

 トークイベントではアーロンがHSCの特性や誤解されがちな発達障害との違い、HSCを育てるうえでの注意点などについて紹介。身の回りにいるかもしれない敏感な子どもたちを傷つけないために、必要な知識を身につけよう。

■エレイン・N・アーロン×精神科医・明橋大二トークイベント
参加方法は「会場参加」と「録画視聴」の2種類。申し込む際は、「1万年堂出版」公式サイトへ会員登録する必要がある。
<会場参加>
日時:2018年5月14日(月)10:00~12:00
定員:100名
申し込み:先着順。定員になり次第締め切り。
参加費:8,000円
会場:千代田区五番町1-10 市ヶ谷大郷ビル5階「AP市ヶ谷」
アクセス:JR市ヶ谷駅徒歩1分
問い合わせ:1万年堂出版
電話番号:03-3518-2126

<録画視聴>
申し込み:5月17日(木)まで。
配信期間:5月16日(水)午後~5月22日(火)
参加費:5,000円 ※無料オプションで当日のネット中継を試聴できる。

◆イベント申し込みページ
https://www.10000nen.com/events/f051401/

エレイン・N・アーロン
心理学者。サンフランシスコのユング研究所でインターンとして研修を受けながら、臨床深層心理学の博士号を取得。HSP(Highly Sensitive Person)研究のパイオニアとして、各地でHSPのワークショップを開催。現在は、カリフォルニアのミルバレーで小さな心理療法室を開業中。著書に『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』(講談社刊、冨田香里訳)、『ひといちばい敏感な子』(1万年堂出版刊、明橋大二訳)など。

明橋大二
精神科医。真生会富山病院心療内科部長。児童相談所嘱託医、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長。著書は『なぜ生きる』「子育てハッピーアドバイス」シリーズ、『見逃さないで! 子どもの心のSOS 思春期に がんばってる子』など多数。長年の診察で、人一倍敏感な子がいることを感じていた時に、アーロン氏の著書に出会い、強く共感を覚える。まだ邦訳がなかった『The Highly Sensitive Child』の翻訳を手掛ける。

※掲載内容は変更になる場合があります。