花屋さんでよく見る“ガーベラ”がこんなにおしゃれに! 素敵アレンジでお部屋を彩る

暮らし

2018/4/19

甘い色に大人色も。色遊びも楽しいスマイルフラワー「ガーベラ」

子どもからお年寄りまで、誰にも愛されるガーベラ。ぱっちり開いた花が笑顔を連想させるためでしょうか。手頃な価格で周年出回ることも、親しみやすさの理由です。

そんなガーベラの花に、ちょっとしたアイディアをプラスして、おしゃれにアレンジしてみませんか? 甘くかわいらしくも、元気いっぱいにもできちゃいますよ。

そこで今回は、雑誌『花時間2018 春号』から、ガーベラのアレンジサンプルを3つご紹介。やさしい花色でお部屋を彩りましょう♪

 

カールの花びらが柔らかに波打つフェミニンブーケ


メインは人気品種のパスタ。丸く束ねると、花びらのうねりがいく重にも折り重なり、優雅さを楽しめる花です。そして、どのガーベラもじつは、花用の染色剤で染めた花。ピンクもイエローもアンティークな風情をもつ花として生まれ変わりました。

ガーベラに合わせたのはパンジーです。染めたガーベラと同様に、花びらに、柔らかなグラデーションをもつ花。丸い花束にデリケートな絵模様を加えてくれます。

 

野菜も花として引き立てるスタイリッシュコーデ


野菜とのコーディネイトをシンプルに楽しむアイデアです。紫色のトレビスとニンジンをまっ白なガーベラで引き立てました。存在感のあるパスタを主役にすれば、量感のある野菜ともバランスが取れます。野菜が際立ってこその面白さだから、ほかの花も白で統一を。

白いガーベラのなかには、中心が緑色のガーベラを。グリーンとのつながりをなめらかにする役割。花のサイズと表情にも変化がつき、ぐっとナチュラルになります。

 

クッキー缶につぼみをたくさん詰めました


主役は「つぼみのガーベラ」です。小さなクッキー缶にもたっぷりとアレンジできるミニサイズ。ニュアンスのある花色と花首の曲がりが特徴です。やさしい色合いを引き立てる黒い缶を選んだら、溢れ出すように挿してみて。向かい合うガーベラも加えると、花たちもおしゃべり?

サブ花材のポイントはサクラソウ。くすんだ色合いのつぼみのガーベラに透明感を与えます。はっきりピンクのサクラソウではなく、淡い花色のものを選びましょう。

 

花・平賀由紀夫 / 撮影・田邊美樹 / 構成と文・鈴木清子 / 撮影協力・かきたねキッチン、リータス

 

『花時間2018 春号 』

 
花と一緒に過ごす時間がもっと豊かになりますように…。「美しい写真で綴る、ワンテーマ型・花のマガジン」として、春号は、すべての花好きの方々へ、完全保存版の2大特集をお届けします。

■巻頭特集 エリック・ショヴァン、パリの洗練を紡ぐ
■第1特集 花合わせ色合わせがわかる、人気10花の新しい魅力
■第2特集 プリザーブド&アーティフィシャルフラワー、春夏秋冬のインテリア

『花時間2018 春号』の試し読み&購入はこちら

【関連リンク】
「花時間」フェイスブック
「花時間」インスタグラム