「これは絶対泣けるやつ」実写映画「プーと大人になった僕」日本版特報映像公開!

エンタメ

2018/4/24


 ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を実写映画化した作品が日本でも公開されることが決定。「プーと大人になった僕」という邦題と日本版特報映像も公開され、「これは絶対泣けるやつ」「プーさんのぬいぐるみ感が愛らしい!」と話題になっている。

img01
(C)2018 Disney

「くまのプーさん」は、1966年に初めて映像化された短篇アニメーション。短篇の他に長編映画やオリジナルビデオ、テレビアニメなど数々のアニメが製作されてきたが、実写映画化されるのは今回が初の試みとなる。実写版は2011年公開のアニメ映画「くまのプーさん」の続きが描かれ、プーさんの大親友の少年、クリストファー・ロビンが大人になった姿で登場。「僕のことを忘れないって約束して」とプーさんに別れを告げた彼が、ロンドンの街でプーさんと奇跡の再会を果たす。

 特報映像では「どうして僕は君を忘れてしまったのだろう」というナレーションと共に、ロンドンで忙しい日々を送るクリストファー・ロビンが登場。公園のベンチで聞き覚えのある声に振り向くと、そこにはかつての親友プーが! 2人の再会には「おじさんとぬいぐるみって組み合わせがなんか泣ける」「号泣する覚悟で見に行かなきゃ…」「昔見たアニメを思い出して懐かしい気持ちになった」と早くも感動の声が続出している。

 プーさんはつぶらな瞳、ふっくらしたお腹などアニメのかわいらしさを忠実に再現。毛並みをリアルに表現することで可愛らしさがさらに倍増しており、「プーさんがもふもふでたまらなくかわいい!」「抱きしめたくなるサイズ感と柔らかそうな動きに胸キュン」「首をかしげるプーさんがキュートすぎ」と多くの人を虜にしているようだ。

 大人になったロビンを演じるのは、「スター・ウォーズ」や「美女と野獣」にも出演しているユアン・マクレガー。日本での公開は2018年9月14日(金)に決定したので、もふもふのプーさんに会える日を心待ちにしていよう。

■映画「プーと大人になった僕」
公開:2018年9月14日(金)
監督:マーク・フォスター
出演:ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル 他
公式サイト:https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html