乃木坂46・齋藤飛鳥と大園桃子の可愛すぎるグラビアに反響の声【サンデー22・23合併号】

エンタメ

2018/5/2

img01.jpg
『週刊少年サンデー』22・23合併号(小学館)

 2018年4月25日(水)発売の『週刊少年サンデー』22・23合併号に、乃木坂46の齋藤飛鳥と大園桃子のグラビアが登場。かわいらしいグラビアに、ネット上からは「2人とも顔がホントに小さいんだな」「か… 可愛すぎる…」と反響が相次いでいる。

 同号の表紙には齋藤と大園が顔を寄せ合うカットが。表紙をめくると大きな両面ピンナップがついており、片面には白いタンクトップと白×水色のボーダー柄ショートパンツ姿でソファーの上に佇む2人が映っている。もう一方の面には、ソファーに寝転がってカメラを見つめる齋藤の顔がアップで掲載された。

 巻頭のグラビアページは、カラフルな傘の下で身を寄せる2人のショットからスタート。齋藤は上下デニム地の衣装で、大園は大胆に肩を露出した水色のワンピース姿で微笑んでいる。ページをめくるとピンナップと同じ格好でじゃれ合う2人の姿が露わになり、「2人でいれば充分楽しい! だけどなんか物足りない。だってGWだもん!」というコピーも。

 最後のページには、赤いワンピースを着てしゃがむ齋藤と大園が登場。大園はシャボン玉を飛ばし、齋藤はすぐ隣でカメラに目線を向けている。

 可憐なグラビアを見たファンからは、「あしゅとももちゃんのピンナップが最高すぎる」「最強の2人が『サンデー』に来たぞぉぉぉ!」「2人ともスタイルいいなぁ」「天使が降臨なさったぞ」「なんて俺得なグラビアなんだ」と歓喜の声が続出した。

 また同号では、巻末についている応募券をハガキに貼り必要事項を記入して投函すると、抽選で100人に「特製図書カード」が当たるプレゼント企画を実施。図書カードは表紙のカットが使用された、『サンデー』限定のものになっている。

 5月9日(水)発売予定の『サンデー』24号には、山下美月が登場。山下初となる『サンデー』の表紙&巻頭グラビアに挑戦しており、GW明けの夏を感じる内容に仕上げられた。『サンデー』発売同日には乃木坂46の最新シングル「シンクロニシティ」も発売されているので、同誌と共にチェックしておこう。