最短でデビューできる「白泉社即日デビューまんが賞2018」開催! 審査結果は即日発表&賞金手渡し

マンガ・アニメ

2018/4/27

img01

 受賞作が即日中に発表されるまんが賞「白泉社即日デビューまんが賞2018」が、2018年7月29日(日)に開催される。

 『花とゆめ』『LaLa』『メロディ』『ヤングアニマル』4誌の合同出張編集部が、1日限定で実施する企画。会場は「東京・ワテラスコモンホール」で、持ち込まれた全原稿を即日に批評して審査する。持ち込める作品は1人につき1本、ページ数は50ページまで。商業誌未発表のオリジナル作品であればプロ・アマ、その他一切の条件が問われない。

 当日中に受賞者が決まり、希望雑誌(1誌)でのデビューも決定。賞金も即日手渡しで、大賞受賞作は白泉社が運営するアプリ「マンガPark」に即日掲載される予定だ。

 大賞受賞者1名には、賞金100万円と特選グッズが進呈される。さらに編集部賞が4編集部から各1名選出され、受賞者には賞金10万円と特選グッズを贈呈。その他特別賞も予定されている上、投稿者全員に練習用複製原画BOOKがプレゼントされる。

 会場では、まんが作りの参考になる豪華イベントも開催。『覆面系ノイズ』の福山リョウコと『水玉ハニーボーイ』の池ジュン子によるデジタル作画講習や、『ふたりエッチ』の克・亜樹による講演が行われる。さらに『ライミングマン』の若杉公徳と吉田尚記アナウンサーによるラジオ収録も公開予定。

 同イベントの公式サイト上では、まんが家志望者必見のスペシャルムービーも公開。白泉社社長・鳥嶋和彦が「『売れる』まんがとは?」をテーマに、大ヒット作が生まれる秘密を語っていく。インタビューでは「どうして売れるまんがが必要なのか?」や「売れるまんがとはどういうものか?」、「プロになるためにどういう努力をすべきか?」といった質問に回答。さらに、投稿者に投稿作を作る際の具体的なヒントも伝えてくれる。

img02

 また『花とゆめ』編集部からは、編集者・首藤啓太が登場。「まんが編集者を志したきっかけ」や「これまで一番感動したこと」、「今、自分が夢中になっている仕事」などの質問に答えていく。スペシャルムービーは6月5日(火)、7月5日(木)に順次公開される予定。

img03

 参加した当日中に審査結果がわかるので、まんが家デビューを目指す人にとっては最短のチャンスになるだろう。夢を叶えるために挑戦してみては?

■「白泉社即日デビューまんが賞2018」
開催日:2018年7月29日(日)
会場:東京・ワテラスコモンホール
住所:東京都千代田区神田淡路町2-101-105

◆「白泉社即日デビューまんが賞2018」公式サイト
http://hakusensha.co.jp/sokujitsu-manga

※掲載内容は変更になる場合があります。