「怖すぎ!」 ドラマ「あなたには帰る家がある」本性を現した木村多江演じる綾子に視聴者ドン引き!?

エンタメ

2018/5/10

 2018年5月4日(金)に、ドラマ「あなたには帰る家がある」の第4話が放送された。これまで貞淑な女性としてふるまっていた木村多江演じる綾子が、ついに本性を現し「サイコパスかよ! 怖すぎ!」「メンチカツ作ってるとこで鳥肌立った」と話題になっている。

 直木賞作家・山本文緒の小説を原作とした同ドラマは、佐藤秀明(玉木宏)と真弓(中谷美紀)、茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と綾子の2組の夫婦を描いた物語。夫婦間に起こり得る“あるある”ネタや夫の浮気を確かめる“浮気チェックリスト”など、誰もが共感できる日常をドラマチックに描いている。

 綾子との不倫が真弓にバレた秀明は、自分の過ちを認めて心の底から真弓に謝罪。家事を率先して行うことで誠意を見せようとするが、真弓は「そんなんで許すと思うなよ」と怒りをあらわにしていた。真弓は営業先の学校で太郎と知り合っていたが、何も知らない太郎は「浮気される方にも原因がある」と発言。真弓は嫌味のつもりで太郎の言葉を繰り返すが、無神経な太郎は全く気づかない。

 秀明に別れを告げられた綾子は素直に身を引いたように見えたが、後日、秀明の好物であるメンチカツを大量に作って真弓の職場へ差し入れ。綾子の行動を不審に思った真弓は、茄子田家を訪れ「夫と別れるつもりはない」と宣言すると、綾子は「あなたは夫の気持ちを分かってるって言えるの?」と、綾子に比べて家事や料理が雑な真弓を責める。しかし真弓は「浮気された方にも原因が…あるわけないだろ!」と言い返し、2度と自分たちに近づかないでほしいと強く念を押してその場を後にした。

 秀明の浮気を真弓のせいにしようとする綾子の発言には、「それは綾子が言うセリフじゃないだろ」「正論かもしれないけど普通に腹立つ」と視聴者もドン引き。「真弓が言い返してくれてスカッとした」「真弓さんの反論が最高!」と、真弓を支持する声も続出している。

 真弓が茄子田家から飛び出すと、そこには何も知らない太郎の姿が。はたして真弓はこのまま平穏な家族の暮らしを取り戻すことが出来るのだろうか。

ドラマ「あなたには帰る家がある」
放送:毎週金曜 よる10時
原作:山本文緒
プロデューサー:高N成麻畝子、大高さえ子
キャスト:中谷美紀、玉木宏、ユースケ・サンタマリア、木村多江 ほか
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anaie/