「ナルトの不器用な愛が泣ける」ボルトとのぎこちない会話に反響続出【アニメ「BORUTO」57話】

アニメ・マンガ

2018/5/16

 2018年5月10日(木)放送のアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第57話「負けられない理由」で、ナルトがぎこちない言葉でボルトを褒めていた。照れるナルトに「このムズムズ感たまらない」「ナルトの不器用な愛が泣ける」といった声が上がっている。

 第57話では、中忍試験の二次試験が行われた。ボルト、サラダ、ミツキの第7班は、霧隠れの撰歌三兄弟と対戦。そしてピンチに陥ったボルトは、カタスケから渡された科学忍具を咄嗟に使って勝利を勝ち取る。しかし今回の試験で科学忍具の使用は禁止されており、ボルトは罪悪感に苛まれることに。

 一方、ナルトは火影室で仕事をしながらもどこかそわそわして落ち着きがない様子でいた。そこへシカマルが現れ、ボルトが二次試験を通過したと告げる。ナルトは「それだけ言いにここに来たのか?」と表情を変えずに返事をするが、シカマルが部屋を出た後に「よっし!」と大きくガッツポーズ。

 そしてその夜、ボルトが自分の部屋で寝転んでいると、普段はなかなか帰宅できないナルトがやってきた。ナルトは「その、あれだ。ほら、えー、きょ、今日の中忍の二次試験通ったらしいな」「よく… よくやったな!」とだけ言って部屋から去ろうとする。ボルトは「それだけ言いにわざわざ?」と驚くが、ナルトは「そりゃあ、だ、大事なことだろ。これって、そう、とても大事なことだ」とボルトから視線をそらしながら発言。

 最後に「シカダイには負けんなよ」「見てっからな」と激励して、ナルトはボルトの部屋から退出する。するとボルトは「言いてえのそんだけならメールでいいだろ。クソ親父が」とつぶやくが、顔には笑みがこぼれていた。

 ぎこちない親子のやりとりに、視聴者からは「ナルトが父親になろうと頑張ってるのすごく好き」「ナルトとボルトのやりとり観るだけで涙がでてくる」「ナルトのパパっぷりにドキドキした」「ナルトの不器用さが凄いリアル。父親がいなかったから接し方がわからないんだよね…」といった反響が起こっている。

 果たしてこれから中忍試験はどのように進んでいくのだろうか。今後も目が離せない!

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週木曜 19:25~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/