私もこうして“うつ”をぬけました――ココリコ・田中直樹主演で『うつヌケ』連続ドラマ化に反響続出!

エンタメ

2018/5/28

img01.jpg

 田中圭一のコミック『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』が連続ドラマ化され、2018年秋の配信が決定。この発表に原作ファンからは、「ついにドラマ化キター!」「絶妙なキャスティング!」と大きな反響が巻き起こっている。

 同作は田中自身の実体験をベースに、「うつ病」からの脱出に成功した人々を漫画化。他人事にできない身近なテーマが軽妙なタッチで描かれ、累計発行部数33万部突破を記録するなど多くの共感を呼んできた。

 ドラマではサラリーマンや専業主婦など、様々なバックグラウンドを持つ登場人物の“うつヌケ“成功体験を1話完結型で再現。うつから抜け出すまでの体験をレポートする「田中圭一」役にココリコ・田中直樹、うつについて学ぶアシスタントのカネコ役に大後寿々花をキャスティング。愛嬌たっぷりのキャラクター“うつくん”も登場するという。

img02.jpg

img03.jpg

 主演を務める田中は、「こうじゃなきゃいけない。ああじゃなきゃいけない。とあまり決め過ぎない様に生きようと僕は思いました。このドラマから僕はそんなヒントを頂きました」とコメント。原作者・田中圭一もイラストを添えつつ、「このドラマもまた、うつに苦しむ方を救う一助になれば幸いです」と思いを明かした。

img04.jpg

 監督を務めるのは、「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2013」を受賞した「卒業生のことば」や、乃木坂46・衛藤美彩の個人PVを手がけたCMディレクター・畔柳恵輔。ベストセラーコミックのドラマ化とあってファンからの期待も高く、「田中さん演技力高いしめっちゃ楽しみ」「ほんと良いマンガだからすっごく観たい!」「辛かった時期に救われたマンガ。原作の魅力をそのまま映像化してほしいな」といった声が続出している。

 ドラマ化を記念して、文芸サイト「カドブン」では“「コップのフチ子」でうつ病から脱出した人”の「うつヌケ」新エピソードを掲載。ドラマの続報を待ちつつ、新作マンガもチェックしよう!

■ドラマ「うつヌケ」
配信:2018年秋
原作:田中圭一『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』
監督:畔柳恵輔
出演:田中直樹、大後寿々花
製作:KADOKAWA
特設サイト:https://promo.kadokawa.co.jp/utsunuke/