1日5分のかんたんストレッチで長引く腰の痛み・足のしびれを自分で治す!

健康・美容

2018/6/7

 ベストセラー『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』シリーズの最新刊、『分離症・すべり症は自分で治せる!』が2018年6月1日(金)に発売された。

 著者は千葉ロッテマリーンズのオフィシャルメディカルアドバイザーも務める酒井慎太郎。同書は、これまでなかった「分離症」と「すべり症」に特化した内容になっている。「長年悩まされている腰の痛み」「いろいろ試したけれど、良くならないしびれ」でお悩みの人に試してもらいたい治療法を提案していく。

img02
痛み・しびれの本当の原因を見つけるセルフチェック

img03
腰痛患者の99%に効果があった治療法「関節包内矯正」をもとに考案

img04
ボール2個→3個になったおかげで、より安全・効果的に痛みにアプローチできる

img05
痛み・しびれの原因が一層複雑化する前に、腰のトラブルを解消しよう

img06
説明には図やイラストを多用。痛み・しびれの原因がわかれば、解決法もよくわかる

img07
分離症やすべり症だけでなく、前かがみになると痛む「ヘルニア」タイプの腰痛にも有効

 第4章の「分離症・すべり症を見事克服した症例集」では、実際にストレッチを体験した人の声を紹介。「骨のすべり幅が大幅に縮まり、腰痛・お尻のだるさ・脚のしびれが一掃!」(女性/60代/舞台女優)、「分離症の痛みが1カ月で治った!」(女性/10代/中学生)、「腰椎と仙腸関節への最適ケアのおかげで痛みとしびれがすぐに大改善」(女性/40代/元オリンピック選手)、「腰痛・脚のしびれとこむら返りが消え、間欠性跛行も改善」(男性/70代/無職)といった声が寄せられている。

 自宅でかんたんにできるストレッチで、痛みやしびれを改善してみてはいかが?

酒井慎太郎(さかい・しんたろう)
さかいクリニックグループ代表。中央医療学園の特別講師。柔道整復師。整形外科や腰痛専門病院などのスタッフとしての経験を生かし、腰・首・肩・ひざの痛みやスポーツ障害の疾患を得意とする。解剖実習をもとに考案した「関節包内矯正」を中心に、難治のひざ痛や、腰痛、肩こり、首痛の施術を行う。プロスポーツ選手や俳優など多くの著名人の治療も手掛けている。「大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版」でレギュラーを担当。著書には『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』など。

※掲載内容は変更になる場合があります。