「ドラマの常識をブッ壊して下さい」『インベスターZ』ドラマ化に原作者もファンも期待の声

エンタメ

2018/6/5

 三田紀房が描く『インベスターZ』の実写ドラマ化が決定。「これは観なくちゃ」「全巻読破した作品だし超楽しみ!」など早くも期待の声が続出している。

 同作品は投資をテーマにした経済漫画で、2013年から4年間にわたり『モーニング』で連載されていた。舞台は創立130年を誇る超進学校・道塾学園で、学校には各学年の成績上位6名しか入部できない「投資部」が存在。彼らが3000億円規模の運用で利回りを出しているため、入学金や授業料などは全て無料という設定だ。

 また、原作では実在企業や経営者が実名で描かれており、ドラマでも今話題の実在の企業や社長たちが続々と登場する予定だという。

 同校に主席で入学した主人公・財前孝史を演じるのは、今作が連ドラ初主演となる若手俳優・清水尋也。清水は初のドラマ主演に対して、「有り難いと同時にプレッシャーも感じましたが、気負い過ぎず楽しく演じられれば良いな」と意気込みを述べ、「『お金』や『投資』の事をこんなに楽しく学べるドラマは、今作以外存在しないと思います。 是非、ご覧下さい。」と自信のコメントをしている。

 原作者の三田は、「ドラマにするんですか? てか、できるんですか? 実在の社名とかどうするの? 企業経営者の出演は? いやあ、テレビ東京、思いきったことするなあ…」とコメントしつつも、「どうせやるなら、ドラマの常識をブッ壊して下さい。メチャクチャ楽しみにしています!」と期待のコメント。

 ネット上では期待の声が続出。「日本人にぜひ広めてほしいマンガがついにドラマ化!」「インベスターZがドラマ化とかテレ東さすがだわ! とりあえず楽しみ!」「実在社長役は誰が出るんだろう?」「原作みたいに実在の企業を絡めた話はできるの!?」「ドラマ化によって若年層にも大きな影響を与えそうだな」といった反響が上がっている。

 投資部の他のメンバーや、作中に登場する実在の企業や人物は追って発表されるとのこと。原作を読み返しつつ続報を楽しみにしていよう。

■ドラマ25「インベスターZ」
放送:2018年7月~
放送時間:毎週金曜深夜0時52分~1時23分
放送局:テレビ東京、テレビ大阪 ほか
原作:三田紀房『インベスターZ』
出演:清水尋也 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/investorz/

この記事で紹介した書籍ほか