「レベルが高すぎる!」ミツキとシンキの対戦に視聴者大興奮【アニメ「BORUTO」60話】

アニメ

公開日:2018/6/6

BORUTO―ボルト― 4 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:

 2018年5月31日(木)放送のアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第60話「木ノ葉隠れVS砂隠れ」で、ミツキと砂隠れのシンキが対戦。2人の戦いに「レベルが高すぎる!」と反響が起こっていた。

 第60話では、前回より引き続き中忍試験の三次試験が描かれる。まずはサラダが砂隠れのアラヤと対決。幻術が通じないアラヤにサラダは苦戦を強いられるも、写輪眼を発動してアラヤが傀儡人形使いだと見抜く。正体がバレて焦るアラヤに、サラダは“豪火球の術”をお見舞いして勝利を収めた。

 次はミツキとシンキが対戦。砂鉄を操って防御をしながら攻撃もするシンキに、ミツキは蛇を使った術で巧みに対応する。砂鉄に押しつぶされたように見せかけて蛇分身を使って脱出し、さらに“潜影乱蛇手”という術で反撃するミツキ。迫りくる蛇たちを砂鉄で防御したシンキを地中に引きずり込むと、観戦していたボルトは思わず「勝負は勝負だけど、死んじまうんじゃねえか?」とシンキを心配する。しかしシンキは砂鉄分身でミツキの奇襲をかわしていたようで、お互い一歩も引かない高度なバトルに。

 ミツキは“雷遁・蛇雷”で一気に勝負をかけ、シンキの砂鉄のガードを破壊。防御するものがなくなったシンキにミツキは襲いかかるが、逆にカウンターを食らってしまった。どうやらシンキはあえてスキを見せ、ミツキが接近してくるのを待っていたらしい。

 手痛い一撃を浴びたミツキは、「この人に勝つには“仙人化”するしか…」と考えるが、ボルトの顔を見ると降参を宣言。「僕はまだここにいたいから」と意味深な台詞を放ち、余力を残したまま勝負をあきらめるのだった。

 しかし2人の対決に、視聴者からは「下忍同士の対決ってレベルじゃない!」「この2人の戦闘だけケタ違いなんだけど」「レベルが高すぎる。実質決勝戦みたいなもんだな」「中忍、下手したら上忍レベルの戦闘力はある」「すごい見ごたえのあるバトルだった」と驚きの声が続出。

 次回はついに決勝戦。ボルト、サラダ、シンキの誰が優勝するのだろうか。目が離せない!

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週木曜 19:25~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/

この記事で紹介した書籍ほか

BORUTO―ボルト― 4 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088812274