「一瞬別のアニメかと…」 ジェルマ66の活躍がかっこよすぎると話題【アニメ「ONE PIECE」839話】

マンガ・アニメ

2018/6/9

 2018年6月3日(日)放送のアニメ「ONE PIECE」第839話でジェルマ66が大活躍。視聴者からは「ジェルマかっこよすぎでしょ」「スタッフに絶対ジェルマのファンがいるわ」と歓喜の声が上がっている。

 これまでの話では、政略結婚を無理やりさせられそうになっているサンジを取り戻すべく、麦わらの一味が大奮闘。懸命の説得によってついにサンジはルフィの元へ帰還したが、ヴィンスモーク家を助けるため、サンジとプリンの結婚式を壊さねばならなくなった。そこで強力なビッグ・マム海賊団に対抗するべく、ルフィはビッグ・マム暗殺を企むカポネ・ベッジと共闘することに。

 第839話「悪の軍団 変身! ジェルマ 66」では、ビッグ・マム暗殺に失敗したルフィたちが逃亡。ベッジは“城インフォラグレーセ”という技を使って要塞に変身し、ひとまず仲間たちをかくまうことにした。だがナミ、チョッパー、キャロットが逃走中に捕まってしまい、大ピンチに陥る。

 するとそんな中、サンジに助けられたサンジの家族たち・ジェルマ66は“形状記憶アーマー”を使って変身。イチジ、ニジ、ヨンジ、レイジュ、ジャッジの変身シーンが、まるで戦隊ヒーローの変身シーンのようにド派手に描かれた。

 変身が終わると5人がそれぞれポーズを決めている集合カットが映し出され、そのままCMへ。CMと本編の間に流れる映像・アイキャッチも、なんとジェルマ66専用のものを放送。

 CM明けもジェルマの活躍シーンが続き、イチジはペロスペローに強烈なパンチを浴びせる。ニジはチョッパーを捕らえているオーブンに電撃を帯びた蹴りをお見舞い。ヨンジはキャロットを捕らえているランプの魔人を攻撃。レイジュはナミを捕らえているスムージーにキック。このジェルマ66の加勢によって、チョッパー、キャロット、ナミは救われるのだった。

 ジェルマ66の活躍にネット上では、「変身シーンがかっこよすぎて声が出てしまった」「ジェルマのシーンだけ作画めちゃくちゃよくて笑った」「スタッフのジェルマ愛を感じる」「ジェルマのシーンだけ応援上映で見たいwww」「ジェルマたちが完全に正義のヒーローで、一瞬ワンピースが別のアニメになっていた」と大反響が起こっている。

 ジェルマ66たちの加勢で、ルフィたちはピンチを脱することができるのだろうか。次回も見逃せない!

■アニメ「ONE PIECE」
放送日:毎週日曜 9:30~
原作:尾田栄一郎
公式サイト:https://one-piece.com/