嘘から始まる恋愛マンガ『うそカノ』完結! 「後日談まで素晴らしかった!」と絶賛の声

アニメ・マンガ

2018/6/30

 2018年6月5日(火)に、林みかせの『うそカノ』最終11巻が発売された。特装版は描き下ろしコミックも付録しており、「最後までみんなが可愛くて大満足」「後日談まで含めて素晴らしかった!」と絶賛の声が続出している。

 同作は、クールでイケメンな優等生・入谷くんと、入谷くんに片想いし続けていた少女・すばるのラブストーリー。入谷くんが“うそのカノジョ”を探していると知ったすばるは、入谷くんに近づけるチャンスだと思い立候補。いつか本当の彼女になりたいと願いながら、2人で過ごす日々に胸を高鳴らせる―。

 嘘から始まった2人の恋は、「ベタな展開だけどすばるちゃんが純粋でかわいい」「ちょっと変わり者だけど優しい入谷くんにキュンとする」「だんだん甘々でラブラブになっていくのが微笑ましい!」と読者に大好評。2015年発売の第5巻では、内山昂輝や櫻井孝宏といった人気声優がキャストを務めたドラマCDつき特装版も発売され大好評を博した。

 11巻では卒業を間近に控えた最後の高校生活が描かれ、入谷くんとすばるはお互いの気持ちを形にするためにそれぞれ秘密で動き出すことに。本編のほかに『LaLaDX』に掲載された読み切り2本も収録され、入谷くんの肉体改造計画や特進科の才媛・西山さんのエピソードが楽しめる。

 特装版の小冊子では、完結後の後日談を描き下ろし。入谷くんとすばる達が大人になった姿や、男女入れ替わり版『うそカノ』などのスペシャルな漫画も収録。「オマケまで充実してて幸せな気持ちになれる」「後日談でも変わらない関係がまぶしい」「感動と幸せいっぱいの素敵なハッピーエンドでした」と感動の声が相次ぎ、「スピンオフとか始まってほしい」「大人になってからの話ももっと読みたい!」と、続編を熱望する声も多く上がっている。

 電子書籍サイト「白泉社e-net!」では、1巻の試し読みが可能なので、まだ読んだことのない人はぜひチェックしてみてほしい。