新たな飯テロドラマが! 刑務所×グルメの人気作『極道めし』ドラマ化にファン大興奮!

エンタメ

2018/6/13

 土山しげる原作の『極道めし』が、2018年7月14日(土)より連続ドラマとして放送されることが決定した。2011年には実写映画化もされている人気作に、ファンからは「実写化にめちゃくちゃ適した作品だから絶対面白くなる」「久々に放送前から楽しみな作品がキタ!」と歓喜の声が続出している。

 2006年から2012年にかけて『漫画アクション』で連載されていた同作は、様々な罪を犯して刑務所に収監された受刑者たちの物語。これといった楽しみのない受刑者たちにとっては毎日の食事だけが唯一の楽しみで、好みのおかずや特別に出されるおやつなどを食べるだけで幸せを感じていた。そんな刑務所のとある雑居房では、毎日の食事のおかずや甘いおやつなどの争奪戦がひっそりと繰り広げられている。その勝負とは部屋の者が順番に“シャバ”で食べた美味しいものの話を語り、最も旨そうな話をした者が勝者になるというもの。食べ物だけではなく、意地やプライドまでかけた壮絶で熱い戦いの中で明らかになっていく受刑者たちの過去とは―。

 ドラマ化に対して「ドラマなら1人1人にしっかりスポットライトあたって濃密な作品になりそう」「普通に美味しいものが紹介されるだけの話じゃないから見てて飽きないんだよね。ドラマも期待度高い」「名作になる予感しかないわ。すごく楽しみ」「受刑者を使ったグルメマンガという設定が斬新だから、ドラマでもその辺り上手に描いてほしい!」といった声が続出。

 争奪戦が繰り広げられる雑居房・204号室の新人で主人公の原一平役には、俳優の福士誠治が抜擢。福士は、「観た方々がそのご飯を! いや、メシを食べたくなるような作品になればいいなぁ。と思いますので楽しみにしていてください」と意気込みを語っていた。

 また204号室の受刑者たちには、今野浩喜・徳井優・柳沢慎吾・小沢仁志といった個性派の役者が名を連ねている。一体どんな“グルメドラマ”を見せてくれるのか、早くも期待が止まらない。

■ドラマ「極道めし」
放送開始:2018年7月14日(土)
原作:土山しげる
監督:白川士 ほか
脚本:福原充則 ほか
出演:福士誠治、今野浩喜、徳井優、柳沢慎吾、小沢仁志 ほか
公式サイト:http://www.bs-j.co.jp/official/gokudomeshi/