吉沢亮が感情のないダークヒーロー役に!『GIVER 復讐の贈与者』ドラマ化に反響続出

エンタメ

2018/6/16

 新感覚リベンジミステリー小説『GIVER 復讐の贈与者』シリーズがドラマ化され、2018年7月13日(金)から放送されることが決定。ファンから「原作は鳥肌立つくらい面白かったから映像化にも期待したい」「GIVERのドラマ化が嬉しすぎて今からワクワクが止まらない!」と期待の声が続出している。

 物語の主人公は、生まれつき人間としての感情が欠落している義波という男。義波は復讐代行業者として、様々な依頼者の要望に応じて残酷な方法でターゲットを追い詰める。義波と仲間たちを統率するのは、TAKER(テイカー)と呼ばれる謎の少女。作中では“なぜ彼らが復讐代行業を始めたのか?”についてもスポットが当てられていく。

 今回のドラマ化では人気俳優の吉沢亮が義波役に抜擢され、キャリア初となる“ダークヒーロー”に挑戦。吉沢はすでに台本を読み込んでいるようで、「なかなか見たことのないドラマが生まれる予感がしております」と期待を煽っている。ファンからは「残酷な方法で復讐する亮くんを想像するだけでドキドキが止まらない…」「吉沢亮が義波役を演じてくれるって思うだけで、興奮して寝られなくなった!」と歓喜の声が続出しているようだ。

 また原作者の日野草も自身のTwitterを更新し、キャスティングについてコメント。「義波は『目』の語りが非常に多い役になる」と解説した上で、「吉沢さん演じる義波の『氷のような眼差し』を拝見するのを、原作者としてとても楽しみにしております」と語っている。

 “復讐”をテーマとして、復讐する側と復讐される側の人間模様が絡み合う物語。どんな展開が描かれるのか気になる人は、原作をチェックしながら放送を待とう。

■ドラマ24「GIVER 復讐の贈与者」
放送開始:2018年7月13日(金)深夜
放送局:テレビ東京系
原作:日野草
監督:小林勇貴、小路紘史、西村喜廣
出演:吉沢亮
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/giver/