「期待度爆上げだわ!」 映画「銀魂2」のタイトル&エピソード解禁に大反響

エンタメ

2018/6/16

img01.jpg
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

 2017年に公開され大好評を博した映画「銀魂」の続編だが、タイトルとエピソードが新たに解禁されて大きな盛り上がりを見せている。原作中に登場したサブタイトルを引用して「銀魂2 掟は破るためにこそある」と名付けられたタイトルに、「期待度爆上げだわ!」とファンも大興奮のようす。

 今回実写化されるのは原作でも人気の高かった「真選組動乱篇」と、隠れ人気キャラクターの“将ちゃん”が登場する「将軍接待篇」を融合したハイブリッドエピソード。監督の福田雄一は、「1作目のお客さんの感想を読んだときに、面白くてカッコよくて感動できてっていうのが『銀魂』に求められていることなんだと気づき、それで、将軍を接待する話と『真選組動乱篇』を合体させることを思いつきました」と明かしている。

 物語は前作同様、かぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトすることを決意するが、行く先々で天下の将軍様と遭遇する羽目になってしまう。同じ頃“真選組”は内紛劇によって危機に迫られており、それはやがて将軍をも巻き込む陰謀につながっていく―。

 続編にかかるファンからの期待も非常に高く、「“将ちゃん”が登場するなら間違いなさそうだね! きっと劇場が笑いに包まれるはず」「ますます楽しみになった。公開が待ち遠しい」「原作でもかなり面白かったエピソードだし、実写で見れるなんてワクワクする」「もしかしたら2018年の実写邦画No.1も狙えるんじゃないの?」と反響が続出している。

 また、解禁情報の中には新キャラクター5人のシルエットビジュアルも。ネット上では 早速キャスト予想が始まり、「スゴい大物俳優が出演する予感…。キャスト情報解禁はいつなんだ!」と発表を心待ちにしている人も少なくない。

 2018年8月17日(金)より公開予定の同作だが、タイトル通り“掟”を破る作品になるのだろうか。今後の続報に期待したい。

■映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」
公開日:2018年8月17日(金)
原作:空知英秋
監督・脚本:福田雄一
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈 ほか
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/