『七つの大罪』鈴木央が描く、超硬派番長バトルアクション『金剛番長』新装版発売にファン歓喜

アニメ・マンガ

2018/6/25

 人気漫画家・鈴木央の『新装版 金剛番長』1・2巻が、2018年6月15日(金)に講談社より発売。ファンからは「これはコレクションする価値あるな」「当時読んでなかったからこの機会に集めたい!」と注目する声が上がっている。

 同作は、2007年から2010年にかけて『週刊少年サンデー』で連載されていた硬派な番長バトルアクション。物語は私立雷鳴高校2年の典型的な女子高生・桜陽菜子と、針のように尖った3本角のオールバックで長ランを着用した主人公・金剛晄の出会いからはじまる。金剛の目的は、謎の組織による日本征服計画「23区計画」を阻止すること。工事現場から不意に落ちてきた鉄骨さえものともしない鍛え抜かれた肉体を武器に、金剛による“勧善懲悪”バトルの幕が開かれていく―。

 現在『週刊少年マガジン』で連載中の『七つの大罪』をはじめ、ファンタジー要素の強い作品に定評のある鈴木。しかし以前『週刊少年ジャンプ』で『Ultra Red』という格闘漫画を手掛けていたことがあり、躍動感溢れるバトルシーンにハマる人は数多くいた。漫画ファンからは、「格闘漫画も相当面白いんだよな」「まず圧倒的に絵が上手いから、バトルも迫力あって見応えある」「『金剛番長』の単行本は持ってなかったから新装版はありがたい」「鈴木先生の過去作ってだけで興味あるわ。『サンデー』でも連載してたことあるんだね」と反響の声が続出。

 ちなみに3巻以降も毎月2巻ずつ発売され、全6巻刊行される。また初版限定特典には応募者全員サービスとして、『七つの大罪』と『金剛番長』のポストカードプレゼント企画も。詳細は単行本の帯に記載されているので、気になる人はチェックしてみよう。