正しい片づけの順番って? モノに支配されないフランス流の片づけメソッド

暮らし

2018/7/1

 モノに支配されない片づけメソッドを紹介する、『モノを元に戻す技術 片づいた部屋があれば、大抵のことはうまくいく』が2018年6月28日(木)に発売された。

 現代ではインターネットなどから、日々膨大な量の情報が発信されている。そんな情報に振り回されて、いらないモノを捨てられず整理整頓に多くの時間を費やしている女性も多いのではないだろうか。

 同書を手がけたのは、女性から圧倒的な支持を集めるベストセラー作家のドミニック・ローホー。「シンプルライフ」を体現する著者が、普段から実践している片づけの極意を伝授していく。

 まずは片づけを始める前に、心地よい空間を作るための考え方を身につけることが大切。そこで同書では「整理整頓されたマンションは、混沌とした外の世界に対する防備」「片づけとは予測して備えること」など、片づけのベースとなるフランス流の考え方が紹介されている。

 そのほか実際に片づけを行う際に役立つ、具体的なノウハウも多数収録された。たとえば下準備の段階では自分の時間を確保し、1人で片づけることを意識するのがポイント。気になる片づけの順番は、衣類や布製品から手をつけていけば上手くいくはず。

 また使用頻度や手に取りやすい高さなど、押さえておくべき行動動線のルールも掲載されている。実生活でどのように人が動くのかを考慮してモノを整理すれば、さらに使い勝手がよくなるだろう。

 片づけを効率よく行うだけで、日々の生活にガラッと変化が生じるかもしれない。実践的な片づけ術を取り入れて、豊かな人生を手に入れよう。

ドミニック・ローホー
著述家。フランスに生まれる。ソルボンヌ大学で修士号を取得し、イギリスのソールズベリーグラマースクール、アメリカのミズーリ州立大学、日本の仏教系大学で教鞭をとる。アメリカと日本でヨガを学び、禅の修行や墨絵の習得などをとおし、日本の精神文化への理解を深めてきた。フランスはもとより日本を含む全世界で著書がベストセラーになっている。『ゆたかな人生が始まる シンプルリスト』、『マイバッグ』、『シンプルに暮らす』ほか。

※掲載内容は変更になる場合があります。