第3回ドラマ原作大賞受賞作 吉岡秀隆と杏の主演で放送が決定!

2012/3/16

TBS・講談社第3回ドラマ原作大賞に輝いた『猫弁~死体の身代金~』(大山淳子/原作)の放送が4月23日に決定した。

同賞はTBSと講談社が、ジャンルにとらわれず映像化に向けたドラマ原作になる小説の発掘を目的として開催しているもので今回で第3回目になる。

2008年には第1回受賞作『被取締役(とりしまられやく)新入社員』(安藤祐介/原作)が、2010年には第2回受賞作『記憶の海』(松田奈月/原作)が決定し、それぞれ小説が発売され、テレビとラジオでドラマが放送された。

今回受賞の『猫弁~死体の身代金~』のドラマ化の脚本は原作者の大山淳子が手掛け、同じくテレビだけでなくラジオでの放送も予定している。

地上波では、TBS系で4月23日(月)よる9時より放送され、ラジオドラマはTBSラジオにて5月15日(火)よる9時より放送。さらにBSでも放送が決定しており、BS-TBSにて5月27日(日)ひる3時より、それぞれ放送される。

主人公・百瀬を演じるのは吉岡秀隆。百瀬が通う結婚相談所職員・大福亜子役にはがキャスティングされた。さらにキムラ緑子、柳原可奈子、板谷由夏、岩松了、野波麻帆、荒川良々、石田明(NON STYLE)、上田耕一、塩見三省、伊東四朗、渡辺美佐子ほか個性的な俳優が顔を揃えている。

■ドラマ『猫弁~死体の身代金~』特設ページ(TBS) 


 
単行本と文庫本は講談社から発売中!

主人公の百瀬太郎は、事務所に10匹を越える猫と同居し、「猫弁」と呼ばれている天才弁護士。ある日、棺を乗せたまま霊柩車が盗まれるという怪事件が発生。百瀬は奇妙な難事件を解決することができるのだろうか? 意表をつく展開と、コミカルな味付けで目が離せない、楽しみどころ満載の物語。

■『猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち』  大山淳子 講談社文庫 660円(税込)