「動く幽助たちとしばらくぶりに会えたこと感慨無量です」アニメ『幽☆遊☆白書』新作エピソード場面カットにファン大興奮

マンガ・アニメ

2018/8/13

 2017年にテレビアニメ化25周年を迎えた、冨樫義博の『幽☆遊☆白書』。同作の25周年記念Blu-ray BOXに収録される新作エピソードの先行場面カットが公開され、「絶対に観たいから買う」「新作とかヤバイ!」と反響が続出している。

 2018年7月27日(金)発売の「霊界探偵編」を皮切りに、4カ月連続でBlu-ray BOXをリリースしていく同作。今回は同プロジェクトの最終巻を飾る「魔界編」から、2本の新作エピソード先行場面カットが公開された。

 収録されるのは蔵馬と飛影の出会いを描いた外伝「TWO SHOTS」と、原作最終巻収録の「のるかそるか」の2本。いずれも映像化されるのは初めての新作エピソードで、「諦めてたけどまさか映像化されるなんて」「人生待ってれば報われるもんだな…」と往年のファンはしみじみと喜びを噛みしめている。

 さらに今回は先行場面カットだけでなく、アフレコ時の集合写真とメインキャスト4名のコメントも公開。浦飯幽助役の佐々木望は、「動く幽助たちとしばらくぶりに会えたこと感慨無量です。(中略)皆さんマジで楽しみにしていてください!」と自信を覗かせている。桑原和真役の千葉繁は「あれから何十回地球は太陽の周りを回ったのだろうか…」と時の長さを噛みしめるようにコメント。同時に「しかし、スタジオに足を踏み入れた瞬間、あれ?先週も収録じゃなかったっけ??と思えるほどに当たり前の空気が私の身体を包み込む」との感想も寄せ、相変わらずのひょうきんさでファンを安心させた。

 待望の新作にファンからは、「キャストが変わらないのは嬉しい」「原作最後の名言まで再現してくれるかな?」「千葉さんのコメントが全部桑原で脳内再生された(笑)」「オリジナルでもいいから新作見たいと思ってたけど、まさか新作なんて…」との声が続出。連載、放送終了後も衰えない高い人気を示している。

「魔界編」発売は10月26日(金)だが、10月6日(土)には最速で鑑賞できる上映会も開催予定。発売まで待ちきれないという人は、こちらもチェックしよう。

■『幽☆遊☆白書』TVアニメ化25周年記念サイト:http://pierrot.jp/yuhaku25/