木村拓哉「バランスが非常に面白い」映画『マスカレード・ホテル』特報に大反響

エンタメ

2018/9/1


 木村拓哉長澤まさみが初共演を果たした、映画『マスカレード・ホテル』のティザービジュアルと特報が公開された。封切りは2019年1月18日(金)と少し先だが、ネット上では早くも期待の声が続出している。

 同作は東野圭吾の同名小説が原作で、都内で起きた連続殺人事件の次なる場所として予告されたホテル「コルテシア東京」が舞台。木村演じる警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介と、長澤演じるホテルマン・山岸尚美がメインキャラだ。犯人逮捕に全力を挙げる新田は、客を守ろうとする山岸と目的の違いから対立。しかし2人は徐々に信頼関係を築き、共に事件に挑んでいく―。

 今回解禁された特報では、物語の舞台となる「コルテシア東京」がお目見え。豪華な内装ながら柔らかな照明で落ち着いており、フロントの山岸が「いらっしゃいませ」と笑顔で出迎えてくれる。しかし客が集うロビーにカットが切り替わると、緊迫した空気に一変する――。

 ホテルで潜入捜査をする刑事という特殊な役柄に、木村は公式サイトで「今回は潜入捜査であり、ホテルマンでもあるので、そのバランスが非常に面白いと思っています」とコメント。長澤は自身の役柄に「仕事に対して真摯に付き合う姿勢は、今の自分にとても響きました」と共感を覚え、「正義感が強いのが彼女のプライドだと思うので、それを意識して演じたいと思います」と意気込んだ。

 ファンは、「ホテルのセットめっちゃ豪華だな…」「ちょっとの映像とポスターだけなのにワクワクする!」「原作も好きだし観るしかない」「緊張感のあるストーリーになりそう」など、大きな盛り上がりを見せている。

 数多くの役柄を演じてきた木村だが、刑事役は意外にも初挑戦。どんな新境地を開拓してくれるのか、順次解禁される情報とともに注目しよう。

■映画「マスカレード・ホテル」
公開:2019年1月18日(金)から
原作:東野圭吾『マスカレード・ホテル』(集英社)
出演:木村拓哉長澤まさみ ほか
監督:鈴木雅之
配給:東宝
公式サイト:http://masquerade-hotel.jp/