不健康な生活でからだを壊してしまう前に…人気鍼灸師が教える、健康を保つ12ヵ月のメソッド

健康・美容

2018/8/28

img01.jpg
『決定版 からだの教養12ヵ月』(晶文社)

 からだを壊してしまう前に、自分で健康を保つためのトレーニングや食事法などをまとめた『決定版 からだの教養12ヵ月』が2018年8月27日に発売された。

 本書は不健康な生活によりからだを壊してしまう前に、東洋医学と古武術をベースにした12ヵ月のメソッドを行い健康を保つ方法を紹介している。

 著者はアシル治療室の院長であり、鍼灸師の若林理砂氏だ。若林氏は鍼灸だけではなく宗教や古武術についても学んでおり、院長を務めるアシル治療室は、現在初診予約ができないほど人気が高い。

 立つことや歩くことは「当たり前」の動作だと思うかもしれないが、若林氏はその基本的な動作を見直すことこそが健康な体を作る秘密だと述べている。12ヵ月かけて、正しい姿勢・無理のない座り方・楽に立つ方法・歩き方などを身に着け、若林流の健康法をじっくりと学ぶことができる。

 また、トレーニングだけではなく食についても触れている。季節ごとの養生レシピや、常に食べる食材の性質について知ることができ、体の内側から健康になる方法を解説。さらに、ペットボトルを使った自宅で出来る温灸の方法・爪楊枝を使った鍼・風邪を引いた時の漢方の使い方など、からだの手当てについても紹介している。

 本書を参考に、病気に負けない強い体づくりをはじめてみよう。