「お前がみそ汁作ってみろ!」料理を知らない上から目線彼氏にツッコミ続出【ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」3話】

エンタメ

2018/10/26

 2018年10月20日(土)に、ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」の第3話が放送された。佐和子の彼氏によるダメダメな料理アドバイスのエピソードに、「お前がみそ汁作ってみろ!」「勘違い亭主関白腹立つwww」とツッコミの声が続出している。

 同ドラマは、日々恋バナに明け暮れる佐和子(佐野ひなこ)、円(馬場ふみか)、千代(久松郁実)がダメ男たちにモノ申していくラブコメディ。第3話では、佐和子が正式に同棲を始めた諒(瀬戸利樹)との近況を打ち明けた。

 佐和子に対して何故か上から目線な諒は、彼女が愛情込めて作った味噌汁にも「味が薄い」とダメ出し。諒にとっては自分の母親が作る味噌汁が一番おいしいようで、佐和子に「うちの母親に料理教えてもらえよ」と提案した。

 後日、佐和子が気合いを入れて料理を作っていると、諒から突然電話が。諒は今から同僚を2人連れて帰るから、同僚の分も料理を作って欲しいと言い出す。あまりにも急なお願いに戸惑いつつも、佐和子はきっちり人数分の料理を準備。帰宅した諒は佐和子の手料理に盛り上がる同僚に対し、味を判定してほしいと言い出した。

 諒は自分なりに佐和子の料理を心配しているようで、第三者の意見も取り入れれば参考になるのではと考えたよう。しかし同僚は諒の思惑と裏腹に、佐和子の味噌汁を絶賛し始める。自分の味覚をダメ出しされて焦った諒は、「だしの粉入れずにみそ汁作ってただろうが!」と激怒。彼の母親が顆粒だしを使っていたのだが、佐和子は昆布とかつおぶしからだしを取っていたため諒は手抜きをしていると勘違いしていたようだ。

 視聴者からは「そんなことも知らないで料理にダメ出しとか(笑)」「諒くんの無知っぷりが一周回って可愛い」「同僚がまともな味覚の持ち主でよかった」と爆笑の声が続出。話を聞いた千代も「奇跡のような話だね」と馬鹿にし、女子の間でも笑い話になる。

 結局佐和子は諒を同僚もろとも家から追い出し、諒が土下座しても許す気はない様子。彼女たちがダメ男から解放される日は来るのだろうか。

■ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」
放送:毎週土曜日深夜2時30分から
原作:尾崎衣良
監督:ふくだももこ、山本大輔
出演:馬場ふみか、佐野ひなこ、久松郁実
公式サイト:https://www.asahi.co.jp/damekoi/