“エロス”がテーマの電子雑誌『ハレム』に「『ふたりエッチ』新作キターーー!」「あまつ様のフェチグラビア見たい」と大反響!

アニメ・マンガ

2018/12/29

 “エロス”をテーマに、11月末に創刊されたばかりの電子雑誌『ハレム』(白泉社)。テーマとともに「背徳な性愛、歪つな純愛 めくるめくエロスの世界へ、ようこそ」という大胆なキャッチコピーが刺激的だ。同誌の作家陣にはベテラン勢から新人までずらりと名前が並んでいる。

 大人気『この愛は、異端。』の森山絵凪によるスピンオフ「この愛は、異端。 -ベリアル文書-」や、全世界のエッチの教科書『ふたりエッチ』の克・亜樹による「ふたりエッチ another」、『ナナとカオル』の甘詰留太による青春SMラブコメ「ナナとカオル ~高校生のSMごっこ~」、『うそつきパラドクス』のきづきあきら+サトウナンキによる「うそつきパラドクス -社内風紀のみだしかた-」などがラインナップ。春輝と黒丸も新作を描き下ろしている。

 また、エロスをテーマにした電子雑誌だけに、コスプレイヤーでモデルの“あまつ様”が「フェチグラビア」に登場。フェチ全開の豪華グラビアは見逃せない。

『幸福(エチカ)よ、キスと散れ』でデビューを飾った藤井あだし野は、「拗れた両片想いの男女がエロエロするのを頑張って描いたので是非ご覧くださいませ!」「大きなお友達は是非是非よろしくお願いいたします!」とツイート。ファンも興奮を抑えきれない様子で、「キャッチコピーだけでドキドキしてきた(笑)」「『ふたりエッチ』新作キターーー!」「うそパラの名前をみつけた瞬間嬉しさのあまり泣きそうになったよ」「どこまでエロエロしく描かれるのか気になるな…」「あまつ様のフェチグラビア見たいから電子書籍デビューするか」といった声が相次いだ。

 “電子限定”の「ハレム」がどこまでエロスを追及するのか期待しつつ、毎月29日配信なので、この年末年始は「ハレム」を堪能してみては…?

◆電子雑誌「ハレム」特設サイト
https://www.younganimal.com/harem/