「どんな要望でも、患者の依頼を叶える」――現役医師が描くメディカルミステリー『神酒クリニックで乾杯を』ドラマ化!

エンタメ

2018/11/20

 現役医師・知念実希人の小説『神酒クリニックで乾杯を』が連続ドラマ化決定。主演キャストも発表され、ファンからは「この作品は実写化向きだから楽しみすぎる!」「ドラマになったらより見ごたえありそう」と歓喜の声が上がっている。

 同作は、理想に燃える生真面目な新米外科医・九十九勝己の活躍を描いたメディカルミステリー。医療事故で働く場所を失った九十九は、「神酒クリニック」で働くことに。そこでは院長・神酒章一郎をはじめ、腕は立つが一癖も二癖もある医師たちが世間に知られることなく“超VIPな人たち”の治療を行っていた。

 九十九は彼らに振り回されつつ新しい職場に馴染もうとしていくが、神酒クリニックにはある“裏の顔”が。それは「どんな依頼でも全力で叶える」という、患者の悩みを解決することで治療に繋げる一風変わった治療法だったのだ―。

 九十九役を演じるのは、若手実力派俳優・三浦貴大。主役を演じることに対して、「素晴らしい原作の映像化ですので、楽しみでもありかなりのプレッシャーもあります」「ひとりの役者として、より良い作品にできるように、撮影期間を全うしようと思います」とコメントした。また神酒役には、安藤政信を抜擢。「まだ解禁されていませんが、愛しいあの俳優さんと同じ作品をやれるのが今から楽しみで笑いが止まらないです。ぜひ観てください」と意気込みを明かしている。

 ドラマ化の情報にネット上では、「来年まで待てない!」「原作めちゃくちゃ面白いから、ドラマも凄い楽しみ」「大好きな作品が大好きな演者さんで映像化されるから最高すぎる!」「早くテレビで動く先生たちを拝みたいです」「知念先生と初めて出会った作品なのでとても感慨深いな」といった反響が続出した。

 ドラマは2019年1月から、BSテレビ東京の土曜ドラマ9で放送開始。詳しい日程はまだ決まっていないので、続報を待ちながら原作に目を通して『神酒クリニックで乾杯を』の世界観に触れてみては?

■ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」
原作:知念実希人
主演:三浦貴大、安藤政信
脚本:政池洋佑、加藤拓也
監督:長崎俊一、横浜聡子、湯浅弘章
公式サイト:http://www.bs-tvtokyo.co.jp/official/mikiclinic/