「予告だけで涙腺崩壊」映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』に期待の声

エンタメ

2018/12/9

 宮川サトシの自伝エッセイ漫画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の実写映画化が決定した。予告動画も公開され、ファンからは「予告だけで涙腺が崩壊した」「映画館で絶対に泣いちゃいそう…」と期待の声が続出している。  同作は、頼りないけど優しい息子・サトシ(安田顕)とパワフルな母・明子(倍賞美津子)の親子愛を... 続きを読む