相席スタート・山崎ケイ『ちょうどいいブスのススメ』ドラマ化が話題に

エンタメ

2018/12/4

 お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイ(※崎は正しくは「たつさき」)によるエッセイ『ちょうどいいブスのススメ』がドラマ化されることが決定。「キャストが気になりすぎる」と話題になっている。

 相席スタートは、2013年に結成された山崎と山添寛の男女コンビ。男女の恋愛模様をネタにした漫才やコントが人気を博し、2016年の「M-1グランプリ」では決勝まで進出している。『ちょうどいいブスのススメ』は、WEBサイト「Tokyo Cawaii Media」で連載してきたコラムを書籍化したもの。“ちょうどいいブス”と言われた経験のある山崎が、恋愛テクニックを伝授していく内容だ。

 山崎曰く“ちょうどいいブス”とは、「酔ったらいける女性」のこと。美人ではないけど恋愛対象外になるほどのブスでもない、そんな絶妙なニュアンスが“ちょうどいい”の一言に詰まっているそう。書籍は2018年4月に発売され、読者から「ものすごく勉強になった」「容姿関係なく実践できそうな恋愛テクニックばかり」と読者から絶賛の声が上がっている。

 今回のドラマ化について、山崎は「“ちょうどいいブス”の役を一体どんな女優さんが引き受けてくれるのか…」と不安げにコメント。しかし結婚や恋愛、女としての人生に悩みを抱える女性に向けて「何かのヒントになれば嬉しいです」とメッセージを送っている。

 ドラマの演出を手掛けるのは、「世にも奇妙な物語」シリーズの植田泰史。脚本を担当するのは「世にも奇妙な物語’18秋の特別編」の武井彩と山岡潤平に決定した。ドラマのストーリーは、モテない女子3人の前に“ちょうどいいブスの神様”が現れるところからスタート。女子3人は自分がブスであることを受け入れ、新たな自分を探し始める―。

 放送は2019年1月10日(木)から。同ドラマを見て新しい恋愛観を学んでみては?

■ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」
放送:2019年1月10日(木) 毎週木曜 23:59~
原作:山崎ケイ
監督:植田泰史
脚本:武井彩、山岡潤平
公式サイト:https://www.ytv.co.jp/choibusu/