ドSな後輩女子に泣かされる…『イジらないで、長瀞さん』、週マガ出張掲載が話題に

アニメ・マンガ

2018/12/15

img01.jpg
『週刊少年マガジン』2・3合併号(講談社)

 2018年12月12日(水)発売の『週刊少年マガジン』2・3合併号に、『イジらないで、長瀞さん』が出張掲載で登場。ドSな後輩と奥手な男子が繰り広げるラブコメは、「長瀞さん可愛すぎてたまらん」「こんな青春送りたかった!」と話題になっている。

 同作は、『マガジン』のWEB漫画アプリ「マガポケ」で連載中の作品。美術部所属の高校2年生である“センパイ”が、イジワルな後輩・長瀞さんに出会う物語だ。センパイはある日、図書室で友達と喋っていた長瀞さんに遭遇。センパイの鞄に入っていた手書きの漫画にダメ出しを始めた長瀞さんは、その後何かとセンパイにつきまとうように。女子とまともに喋ったことすらないセンパイは、神出鬼没な長瀞さんの思わせぶりな行動に振り回される――。

 長瀞さんはセンパイをイジめながらも、一緒に下校したり夏祭りに遊びに行ったりと結構仲良し。2人が絶妙な距離感で交流を深める物語は、「進展しそうで全然しないところがいい」「実は長瀞さんも照れ屋なところがキュート」「ただのいじめっ子なのに妙に癖になる」と読者に大好評だ。

 『マガジン』出張版は一挙2話掲載され、センパイに借りたマンガをきっかけに長瀞さんにボクシングブームが到来。長瀞さんの友達である女子3人も登場し、「長瀞さんがくねくねしてて可愛いwww」「お友達もみんないいキャラしてるな」「“キモい”っていう時のいい笑顔が最高」と読者から爆笑の声が続出している。

 単行本は第3巻まで発売されており、3巻の特装版には特別小冊子『長瀞さんを、イジりたいっ!』が付録。作者のナナシによる描きおろし漫画に加えて広江礼威、おりもとみまな、内山敦司といった執筆陣の作品が収録された豪華な冊子だ。

 単行本のほかにも、長瀞さんが様々な表情を見せるLINEスタンプも発売中。ドSなのにどこか憎めない長瀞さんにハマってしまった人は、こちらもチェックしてみては?