朝10分の“下ごしらえ”が時短のカギ! 晩ごはんの悩みから解放される、超簡単レシピ

食・料理

2019/1/7

img01.jpg
『これで よゆうの晩ごはん』
(暮しの手帖社)

■晩ごはん作りに、いつも悩んでいませんか?

 仕事・家事・育児などに追われていると、晩ごはんを作るのもなかなか大変。時間にも気持ちにも余裕がなくなってしまう。

『これで よゆうの晩ごはん』は、そんな忙しい主婦の悩みを軽減するために、朝10分で簡単にできる「下ごしらえ」と夕方20分の「仕上げ」で作る、スピーディーで簡単なレシピを紹介した一冊です。

 夕方家に帰って、「さあ、ごはんの用意を」と思ったとき、下ごしらえがすんでいれば、手早く作れますし、気持ちにもよゆうが生まれます。

 スピーディにできるのはもちろん、朝から半日おくことで、とってもおいしくなる、というレシピの数々。そんな「やっておいてよかった!」とうれしくなる下ごしらえを、暮らしに取り入れてみませんか。

■手早く作れる工夫に満ちた、主菜、副菜、常備菜がこの1冊に

 本書では、下ごしらえと仕上げで作る「主菜」のほか、手軽にさっと作れる「副菜」、そのままでもおいしく、おかず作りの素にもなる「常備菜」の3章に分け、合計139品を紹介。食べたいおかずを組み合わせれば、あっという間に晩ごはんの食卓がととのいます。

 アイデアに溢れるレシピを教えてくれるのは、ワタナベマキさん、上田淳子さん、大原千鶴さん、渡辺有子さん、飛田和緒さんの5人の料理家。「素材や調味料の組み合わせに驚きがある」「親しみ深い味わいに仕上がる」「少ない材料でも洗練された1品が出来上がる」など、1冊の中に、それぞれの料理家の個性が発揮されたレシピが詰まっています。

 料理が苦手な人も、要領よく料理を作れない人も、本書を読んで「下ごしらえ」をマスターし、料理の質をワンランクアップさせてみてはいかがでしょうか。