笑い飯 哲夫が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

文芸・カルチャー

2019/1/7

笑い飯 哲夫 昨年10月に青春小説『銀色の青』(サンマーク出版)を刊行 「泣けて、驚いて、笑える」と評価の高い本書のレビューは【こちら】へ(レビュー全文) 続きを読む