「ジャンプ」連載陣の2019年の抱負が個性豊かすぎ!? 書き初め色紙プレゼント企画が話題に

アニメ・マンガ

2019/1/9

img01.jpg
『週刊少年ジャンプ』6・7合併号(集英社)

 2019年1月7日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』6・7合併号で、新年にふさわしい書き初め色紙プレゼント企画を実施。とじ込み付録として2019年の特製手帳も登場し、「イラスト入りの色紙絶対欲しい!」「この手帳ジャンプ好きにはたまらないね」と歓喜の声が続出している。

 色紙プレゼント企画には、連載中の作家陣総勢25名が参加。それぞれが2019年の抱負をテーマに、思い思いの書き初めをしたためた。『ONE PIECE』の尾田栄一郎や『鬼滅の刃』の吾峠呼世晴、そして『思春期ルネサンス! ダビデ君』の黒木雄心らはイラストを描きおろし。一方『ゆらぎ荘の幽奈さん』のミウラタダヒロは「おっぱい」、『チェンソーマン』の藤本タツキは「ヤだ打ちきり」と正直すぎる抱負を書き、「ミウラ先生に一生ついて行きますwww」「藤本先生のインパクトがすごい」「この企画個性豊かすぎて最高」と読者の笑いを誘っている。

 今回の企画では、作家だけでなく『ジャンプ』編集長による直筆色紙もラインナップ。合計26枚の色紙が、それぞれ1名ずつにプレゼントされる予定だ。応募方法は、同誌についている応募券をハガキに貼り必要事項を記入してポストに投函するだけ。締め切りは1月21日(月)までとなっているので、忘れないように注意しよう。

 綴じ込み付録の「ジャンプパートナーズダイアリー」には、『ジャンプ』キャラクターの誕生日が掲載された「Jカレンダー2019」が登場。ウィークリースケジュールのページには『ハイキュー!!』日向翔陽の1日のスケジュールも書き込まれ、「意外なキャラと誕生日が一緒で驚いた」「日向くんの1日練習ばっかりだ」「なんだか毎日が楽しくなりそう!」と好評の声が相次いでいる。

 ダイアリーにはほかにも、ガントチャートやキャラクターが添えられたフリースペース、「デクの友達分析ノート」などさまざまなページが。最後のページは『HUNTER×HUNTER』『ブラッククローバー』など、メディア化作品の第1話見開きカラー扉ギャラリー。『ジャンプ』の歴史を振り返ることができる貴重なギャラリーなので、こちらも要チェックだ。