自分に結婚は無理だと思ってたのに――“絶世のブス”に訪れた人生最大のチャンス!? 映画「Bの戦場」予告解禁

エンタメ

2019/1/26


 お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこが映画初主演を務める、「Bの戦場」の公開日が2019年3月15日(金)に決定。予告編も解禁となり、ファンからは「原作大好きだから超楽しみ!」「ナイスキャスティングで思わず拍手した」と歓声が巻き起こっている。

 同映画の原作はゆきた志旗の人気小説シリーズで、絶世のブスとエキセントリックな“B専男”の恋の駆け引きを描く。監督はドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「最高の離婚」などを手がけてきた並木道子で、満を持しての映画監督デビューとなった。

 予告映像では、結婚式場で1人たたずむ香澄(よしこ)の後ろ姿からスタート。「子どものころからの夢だったんです。お姫様みたいな結婚式を挙げるのが」と語るものの、続くナレーションでは「でも、娘は分かっていました。王子様なんか現れるわけがないと。なぜなら娘は、絶世のブスだったからです!」と強烈なひと言が。

 “誰もが認める絶世のブス”とのテロップも入る香澄だが、ウェディングプランナーとして働く彼女の前に意識高い系イケメン上司・久世(速水もこみち)が現れ状況が一変。久世は突然「僕と付き合ってくれませんか」と香澄をバックハグし、「僕、B専なんです」と明かして彼女を驚かせる。久世から“カリスマブス”“絶滅危ブス”とまで称えられた香澄だが、フラワーコーディネーターの武内(大野拓朗)にも好意をよせられることに。

(C)ゆきた志旗/集英社 (C)吉本興業

(C)ゆきた志旗/集英社 (C)吉本興業

 武内からのプロポーズや久世の度重なるアプローチなど、予測不能な展開を見せた予告映像。ファンは興奮を隠しきれないようすで、ネット上には「よしこちゃん映画初主演ながら名演技見せてる!」「ブスブス連呼する作品だけどメッセージ性が強い作品だから期待したい」「あらすじ知ってるのに予告見るとやっぱりぶっ飛んでるwww」「これは劇場で思いきり笑えそう」「こんなラブコメ映画が観たかったんです!」といった声が続出している。

 香澄は2人からの求愛に、どのような答えを示すのか? 公開まで待ちきれない!


■映画「Bの戦場」
3月15日(金)全国ロードショー
原作:ゆきた志旗
監督:並木道子
脚本:久馬歩(ザ・プラン9)
出演:よしこ(ガンバレルーヤ) 大野拓朗 高橋ユウ 有村藍里 おのののか 山田真歩 / 速水もこみち
配給:KATSU-do
(C)ゆきた志旗/集英社 (C)吉本興業
公式サイト:http://b-no-senjou.official-movie.com/