気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

文芸・カルチャー

2019/1/22

2019年1月22日(火)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2019年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

 今年の「2019年本屋大賞」は全国の493書店、書店員623人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

■2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『愛なき世界』三浦しをん/中央公論新社)▶【レビュー全文はこちら】

『ある男』平野啓一郎/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『さざなみのよる』木皿泉/河出書房新社)

『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『熱帯』森見登美彦/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『ひと』小野寺史宜/祥伝社)

『ひとつむぎの手』知念実希人/新潮社)▶【レビュー全文はこちら】

『火のないところに煙は』芦沢央/新潮社)▶【作者インタビュー記事はこちら】

『フーガはユーガ』伊坂幸太郎/実業之日本社)▶【レビュー全文はこちら】

『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

 気になる大賞発表は4月9日(火)。ノミネート作を読みながら、自分なりの大賞予想をしてみては?

■本屋大賞公式サイト

本屋大賞公式サイト ▶https://www.hontai.or.jp/