清楚で透明感ありすぎ! 大注目の若手女優・清原果耶「マガジン」グラビアに初登場!

エンタメ

2019/1/27

img01.jpg
『週刊少年マガジン』8号(講談社)

 2019年1月23日(水)発売の『週刊少年マガジン』8号に、女優の清原果耶が初登場。清楚で透明感のあるグラビアは、「なんだかキラキラしてて素敵!」「ファッション誌みたいでおしゃれ」と大好評だ。

「アミューズオーディションフェス2014」でグランプリを獲得した清原は、2015年に連続テレビ小説「あさが来た」で女優デビュー。現在は『Seventeen』の専属モデルを務めながら、ドラマやCMなどさまざまなメディアで活躍している。「第97回全国高校サッカー選手権大会」では14代目応援マネージャーに就任し、「独特な存在感とオーラがある」「コメント力もあって頼もしい!」「これからどんどん売れっ子になりそう」と話題に。決勝戦では試合前にダンスを披露し、注目を集めた。

 グラビアでは、オレンジ色のセーターとポニーテール姿をお披露目。屋外で柔らかい日差しを浴びながら、のびのびと撮影を楽しむ姿が収められている。白いワンピースを着たカットでは、髪を下ろして大人びた表情。シチュエーションによって変わる雰囲気は、女優業で培った表現力のなせる技だ。

 グラビアぺージのラストでは、清原が出演する映画「デイアンドナイト」についてのインタビューを実施。同作は俳優・山田孝之がプロデューサーを務める作品。物語の舞台となるのは、危険な道徳観を持つ男がオーナーを務める児童養護施設。清原は施設で暮らす少女・奈々を演じた。

 清原は自身の役柄について、「クールに見えて面倒見がいいし、少女らしい心も持っている子」と分析。『マガジン』読者に映画をどう観て欲しいかと尋ねられると、「善と悪について考える機会って、なかなかない」「この映画を観てどういう感情を抱いたか、逆に感想をお訊きしたいですね」とコメントしている。

 映画の公開は、2019年1月26日(土)。人間の善と悪を描く作品で清原がどんな演技を見せているのか、劇場で確かめよう。

■映画「デイアンドナイト」
企画・原案:阿部進之介
プロデューサー:山田孝之 ほか
脚本:藤井道人、小寺和久、山田孝之
監督:藤井道人
出演:阿部進之介、安藤政信、清原果耶、田中哲司 ほか
公式サイト:https://day-and-night-movie.com/