「迫力がすごい!」 菅田将暉主演の映画「アルキメデスの大戦」特報解禁に大反響!

エンタメ

2019/1/31


 2019年7月26日(金)公開の映画「アルキメデスの大戦」から、特報映像が解禁。最新技術を駆使して蘇った戦艦大和がお披露目され、「特報の時点で迫力がすごい!」「邦画で最高レベルの映像になりそう」と大反響が巻き起こっている。

 同作は三田紀房の同名漫画を原作に、映画「永遠の0」や「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる山崎貴監督が実写化。これまでにも自作でVFXを担当してきた山崎が、徹底的なリサーチのもと戦艦大和の完全再現に挑んだ。主人公の天才数学者・櫂直(かい・ただし)を菅田将暉が演じ、櫂が数学で戦争を止めようとする姿を描く。

 公開された特報映像は約30秒だが、冒頭から大空を駆ける戦闘機の大編隊や射撃戦闘シーンが展開。「世界最大級の巨艦 戦艦大和」というテロップの後に模型の大和が現れ、続けて一心不乱に膨大な数式を記していく櫂が登場する。さらに山本五十六(舘ひろし)が「彼らの軍艦は戦争への一本道だ」と語る様子や、「やはりこの船を造ってはいけない!」と叫ぶ櫂の姿も収録。タイトル後には、夕暮れの大海原を進む大和も映し出された。

 戦艦大和の姿と大迫力の戦闘シーンを予想させる特報に、ネット上は騒然。「これは今年の夏イチオシの作品になるな」「『永遠の0』もすごかったけどVFXがさらに進化してそう」「早く戦艦大和の戦闘シーンが見たい!」「漫画の迫力がそのまま映像になってて既に満足感があるわ」「劇場で観ないと後悔するパターンですね」といった声が相次いだ。

 公開はしばらく先だが、最新情報をチェックしながら楽しみに待とう!

■映画「アルキメデスの大戦」
公開:2019年7月26日(金)
原作:三田紀房
監督・脚本・VFX:山崎貴
音楽:佐藤直紀
出演:菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、舘ひろし ほか
公式サイト:http://archimedes-movie.jp/

img01.jpg
『アルキメデスの大戦』1巻(三田紀房/講談社)

この記事で紹介した書籍ほか