ヤクザが全身整形でアイドルに…! アニメ・映画に続き『Back Street Girls』が実写ドラマ化決定!

エンタメ

2019/2/2

img01.jpg
『Back Street Girls』12巻(ジャスミン・ギュ/講談社)

 ジャスミン・ギュのマンガ『Back Street Girls』のドラマ化が決定した。アニメ化・映画化に続いてドラマ化まで果たした同作に、ファンは「ゴクドルズの波がすごいな…」と驚愕を隠し切れないようだ。

 同作は極道を貫いてきた男たちが全身整形でアイドルとしてデビューし、思いもよらず人気を獲得するという異色のコメディ漫画。「壮絶にチ〇コが消える」というキャッチコピーを冠した実写映画は、2019年2月8日(金)に公開が予定されている。

 今回の実写ドラマは映画版のキャストに加えて、オリジナルキャストも登場。アニメ「ラブライブ! サンシャイン!!」の黒澤ダイヤ役としても知られる、小宮有紗の出演が決定した。これにはファンも「これは絶対に見ないと!!」「どんな役ででるのか気になるな…」と大喜びのよう。

 原作者のジャスミン・ギュからは「すごく実写化しにくい漫画だと思いますが、監督を含め優秀なスタッフさん達の力で面白いドラマになっていると思います」とコメントが。“テレビドラマ史上最高に男らしい女優さん”が見れるとのことで、「『うちの〇〇に何て事を言わせるんだコラァ!』と怒らないでくださいねっ」とユーモアたっぷりに明かしている。

 また清竜人が書き下ろしたゴクドルズの「恋して▽ 愛して▽ 養って▽(※▽はハートマーク)」がドラマオープニング主題歌になることも明らかに。ショートバージョンのミュージックビデオも公開されており、見た人からは「めちゃくちゃ可愛いのに歌詞えぐくて笑うwww」「札束の風呂につかるアイドル、最高だな」「“猛毒MV”って言い方も尖ってて良い!」と大好評。

 ドラマ「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」は、MBSで2月17日(日)、TBSで2月19日(火)より放送スタート。映画と実写の両方で、異色のアイドル「ゴクドルズ」にハマってみては?

■ドラマ「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」
原作:ジャスミン・ギュ
監督:原桂之介
出演:白洲迅、柾木玲弥、花沢将人、岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜 小宮有紗 ほか
劇場版公式サイト:http://gokudorus.toeiad.co.jp/