平成最後の現代版「歌合(うたあわせ)」!「第5回 大学短歌バトル2019 学生短歌会対抗 超歌合」3/2(土)13時~ニコ生で配信!

文芸・カルチャー

2019/3/1

 全国の大学短歌会(18団体)から、予選を勝ち抜いた8団体が、日本の伝統文芸競技「歌合(うたあわせ)」で、短歌の腕を競い合う「第5回 大学短歌バトル2019 学生短歌会対抗 超歌合」が3月2日(土)に実施される。

「歌合(うたあわせ)」とは、歌を詠みあいその優劣を競う、奈良・平安時代から続く文芸批評。

「大学短歌バトル」では、<先鋒><中堅><大将>の3名が1チームとなり、それぞれの題を詠んだ短歌の質を、その作品と批評で競い合う。

 第1回戦の題は<先鋒>は「笑」、<中堅>は「立」、<大将>は「人」。3人の判者の評価が高かったほうが勝利となる。

「歌合」ならではの面白さは「念人(おもいびと)」といわれる、自分のチームの短歌の良さと相手チームの短歌の欠点を指摘する存在。歌を詠む「方人(かたうど)」だけでなく、この「念人」がどううまく判者へアピールするのかも、勝敗のカギとなる。

 判者は、栗木京子・穂村弘・小島なおの三氏で、優勝チームと判者が対戦するエキシビションマッチの特別判者を佐佐木幸綱氏が務める。

 出場チームは「team TOKUGAWA(福岡女子短期大学ほか)」「獏短歌会(國學院大學ほか)」「九大短歌会」「京大短歌」「宮崎大学短歌会」「大阪大学短歌会」「東北大学短歌会」「岡山大学短歌会」の8団体。

「第5回 大学短歌バトル2019 学生短歌会対抗 超歌合」は「ニコニコ生放送」でも配信!

 短歌に興味がある方はもちろん、母校や地元チームを応援したい方も、ぜひ生放送で応援してほしい。

第5回 大学短歌バトル2019 学生短歌会対抗 超歌合
●開催日:2019年3月2日(土) 13時開始
●ニコニコ生放送 URL
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv317469945