理想の上司キャラ1位は『ホタルノヒカリ』の高野誠一! マンガの吹き出しで上司の「裏感情」を理解すればストレス軽減に!

アニメ・マンガ

2019/3/22

 国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」が全国の22~49歳までのビジネスパーソン男女1,032人を対象に「新年度における職場環境」についてのアンケートを実施。その結果、「新年度を迎える際に不安やストレスを感じること」で、7割以上が「将来への不安(77.8%)」「職場環境の変化(74.9%)」「年次が上がって求められることが増える(71.5%)」など、多くの人が不安を抱えていることがわかった。

 また、上司とのコミュニケーションでストレスを感じている部下が67.3%、逆に部下とのコミュニケーションでストレスを感じている上司も67.3%と、上司・部下ともにコミュニケ-ションがうまく行かず、ストレスを抱えている実態が明らかとなった。一方で、上司は部下に、部下は上司に対して何を求めているのだろうか。

■理想の上司像
・部下の気持ちを理解できる
・困った時に支援してくれる
・同じ上司でも、男性は「決断力」「マネジメント力」、女性には「コミュニケーション力」「親しみやすさ」が求められる傾向あり

■理想の部下像
・常に前向きな人
・「理解力」や「忍耐力」がある
・仕事が丁寧

 そんな調査結果を元に、女子マンガ研究家・小田真琴氏が「理想の上司キャラクター」と「理想の部下キャラクター」をセレクト! ランキング形式で発表された結果がこちら!

「理想の上司キャラクター」の1位は、『ホタルノヒカリ』(ひうらさとる/講談社)に登場する「高野誠一」。感情が安定しており、部下の気持ちも理解し、的確にアドバイスをする姿はまさに理想の上司だという。

 また、「理想の部下キャラクター」1位は、『重版出来!』(松田奈緒子/小学館)の「黒沢心」。新人らしく前向きで、かつ体育会系でガッツ溢れる姿には、思わず仕事を任せてしまいそうとのこと。

マンガの「吹き出し」で「裏感情」を理解する!

 組織改革のプロとして活躍する川西由美子氏は、こういった上司と部下の関係性の改善のために「裏感情(普段は表現しない心のうち)」を理解することが重要だという。そのためにおすすめなのが、「マンガを読むこと」。吹き出しを通して登場人物の心の内を把握することが、相手の感情の理解につながるという。また、前向きなキャラクターに倣って思考・行動すれば自分も前向きになれるという理論だ。

 さらに、「マンガーマネジメント」という言葉もあるくらい、マンガを読むことが脳のリフレッシュ効果につながるそうだ。明治大学教授・堀田秀吾氏によれば、米国の小学校教師400人以上を対象にした研究でも80.4%が学ぶモチベーションを高めるのにマンガが役立っているとの報告があったという。そんな「マンガ」を武器に、新生活のスタートを切りたいという人に、おすすめの情報がこちら!

 理想のキャラクターが登場する『ホタルノヒカリ』と『重版出来!』2作の1~5巻が、なんと「コミック・シーモア」で期間限定の実質無料公開中。キャンペーン期間中に該当する作品・巻を購入した人全員に、購入相当分のポイントが全額返還される仕組みだ。キャンペーンの詳細や詳しいアンケート調査の結果も特設サイトに掲載されているのであわせてチェックしてみよう。

【調査期間:2019年2月9日(土)~11日(月)/調査地域:大都市圏(東京・大阪・愛知・福岡)】