「いのりんと小野Dが出るなんて楽しみすぎ!」『ソマリと森の神様』が水瀬いのり&小野大輔の出演でアニメ化決定!

マンガ・アニメ

2019/4/3

img01
『ソマリと森の神様』5巻(暮石ヤコ/徳間書店)

 WEB漫画サイト『コミックぜにょん』で連載中の『ソマリと森の神様』が、2019年秋にアニメ化されることが決定。水瀬いのりと小野大輔の出演も決定し、「いのりんと小野Dが出るなんて楽しみすぎ!」と話題になっている。

 暮石ヤコが手がける同作は、異形のものばかりが暮らす世界を舞台とした物語。人間たちは迫害を受けて減少し、絶滅の危機に瀕しているようだ。そんな世界の片隅にある森で、番人として生きる種族“ゴーレム”が人間の少女・ソマリを拾う。ゴーレムを「おとうさん」と呼びはじめたソマリを連れ、ゴーレムは生き残っている人間を探す旅を始めた。

 奇妙な“父娘”が繰り広げる物語は、「ほのぼのとしていて癒やされる」「幻想的な温かみのある作品」「背景や自然の書き込みが細かくて見入ってしまう」と読者に大好評。アニメではソマリを水瀬、ゴーレムを小野が演じ、アニメーション制作は『創聖のアクエリオン』『長門有希ちゃんの消失』『マクロスΔ』などを手掛けた『サテライト』が担当する。

 水瀬はソマリというキャラクターについて、「とにかく無邪気で真っ直ぐな子なので演じるたびに心を浄化されています」とコメント。一方小野は、「とても温かくて優しい、悠久の時を感じられる作品です」と作品の魅力を語った。

 アニメ化についてファンからは、「漫画がクオリティの高いイラストだからどんなアニメーションになるのか楽しみ」「キャストが既に安心感ある」「はやく2人の掛け合いを見たいし聞きたい!」と期待の声が相次いでいる。

 公開されたティザービジュアルは、森の中でゴーレムとソマリが初めて出会う1シーンを再現したイラスト。「森の中で、私は“人間(ソレ)”と出会った」というフレーズも添えられ、旅の始まりを思わせるビジュアルだ。2019年4月20日(土)には、単行本の最新6巻が発売。『コミックぜにょん』では1話から3話までが無料で公開中なので、アニメの放送前にチェックしてみては?

■アニメ「ソマリと森の神様」
原作:暮石ヤコ
監督:安田賢司
アニメーション制作:サテライト
出演:水瀬いのり、小野大輔
公式サイト:http://somali-anime.com/

この記事で紹介した書籍ほか