「このコラボはかなりアツい」『ジャンプ』18号の表紙にアニメと原作のダブル『鬼滅の刃』が登場!

マンガ・アニメ

2019/4/2

img01
『週刊少年ジャンプ』18号(集英社)

 2019年4月1日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』18号では、表紙&巻頭カラーに『鬼滅の刃』が登場。漫画とアニメ、2人の炭治郎が奇跡の共演を果たし、「まさかのダブル炭治郎来たー!!」「このコラボはかなりアツい」と話題になっている。

 吾峠呼世晴が手がける同作は、妹を救うために“鬼狩り”となった少年・炭治郎の物語。連載3周年突破を記念した今回の表紙は、4月6日(土)から始まるアニメとのコラボイラストになっている。漫画版の炭治郎が手にしている刀は、燃え盛る「ヒノカミ神楽」。一方アニメ版の炭治郎は、「水の呼吸」を発動させて水しぶきをまとった姿で登場した。

 さらに同号には、アニメイラストのポスターと原作イラストのクリアファイルが付録。読者からは、「表紙が2人ともいい顔してて素敵!」「原作絵とアニメ絵が見比べられて楽しい!」「いよいよって感じがして気分が盛り上がってきた」と歓喜の声が続出している。

 巻頭カラーの本編に続いて、センターカラーには『鬼滅の刃 冨岡義勇【外伝】』の前編が登場。「鬼殺隊」の剣士・冨岡義勇の物語を、『BOZEBEATS』の平野稜二が描き出す。扉絵の直前には平野からのメッセージも掲載され、吾峠の大ファンだという平野は「大好きな『鬼滅の刃』に関われて感謝しかありません」と喜びを全力で表現。アニメ化についても、「動き喋る炭治郎たちを見られるのが今から楽しみです。最高っ!!」とコメントした。

 アニメ第1話の放送直後から、WEB漫画サイト『少年ジャンプ+』でスピンオフアフター4コマ『きめつのあいま!』がスタート。平野によるフルカラーの作画で、アニメ放送直後の午前0時に更新される。内容もアニメのエピソードに絡めたものになるようで、既にファンからは期待の声が。4月4日(木)には『鬼滅の刃』15巻も発売される予定なので、ますます盛り上がる『鬼滅』の波に乗り遅れないようチェックしておこう。

■アニメ「鬼滅の刃」
原作:吾峠呼世晴
監督:外崎春雄
アニメーション制作:ufotable
出演:花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏
公式サイト:https://kimetsu.com/anime/