「可愛すぎて困るwww」幼女化したねこ娘に視聴者メロメロ! アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」50話

アニメ・マンガ

2019/4/13

img01
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年4月7日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第50話が放送された。幼い姿になってしまったねこ娘が登場し、「思ったより破壊力がすごい」「可愛すぎて困るwww」と視聴者をメロメロにさせている。

 凶悪な妖怪・名無しの策略により、1度は魂ごと消滅してしまったねこ娘。しかし鬼太郎が閻魔大王に掛け合い、現世に復活することが出来た。復活したばかりでは妖力が弱いため、喋り方もおぼつかないほど幼い姿。さらにこれまでの記憶も失っているため、中身までも子どもっぽくなっている。

 ねこ娘は幼くても鬼太郎が大好きなようで、どこに行こうとしてもついて行きたいと大騒ぎ。鬼太郎は困惑していたが、視聴者からは「ツンデレもいいけどピュアピュアなねこ娘もたまらない」「この姿で返してくれた閻魔大王様に感謝しないと」「もうしばらくこのままでお願いします!」と歓喜の声が続出している。

 鬼太郎はねこ娘に振り回されつつ、妖怪ポストに来た依頼もしっかりチェック。今回の依頼は、小さな村に現れた鵺(ぬえ)が人々を病に倒れさせているというものだった。鬼太郎が鵺を追いつめると、なんと鵺だと思っていたのはむじなという別の妖怪。鵺はむじなをおとりに使って鬼太郎を田舎へ呼び寄せ、その隙に東京へ行っているという。

 窮地のむじながねこ娘を人質に取ると、鬼太郎の背後から人間の青年が。むじなが抵抗の意志を示すと、青年は両腕を鬼神の腕に変えてむじなを抹殺する。抹殺したむじなの魂は青年の腕に取り込まれ、目玉おやじは「やはり鬼道衆の力じゃ」と驚愕。青年は妖怪を心から恨んでいるようで、「人間に害をなす妖怪は全てかられるべき害悪だ」と宣言した。

 石動零と名乗るその青年は、「鬼の腕、超マッチョで強かったな」「イケメンなのに鬼太郎の敵になりそう」「そもそも鬼道衆ってなんなの!?」と視聴者の間でも話題に。彼が鬼太郎やゲゲゲの森にとってどんな存在になるのか、次週も目が離せない展開になりそうだ。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/