臆病な少年がイケメンに! 成長したコビーの姿に「こんなに男らしくなるなんて」【アニメ「ONE PIECE」879話】

アニメ・マンガ

2019/4/13

img01
『ONE PIECE』92巻(尾田栄一郎/集英社)

 2019年4月7日(日)にアニメ『ONE PIECE』の第879話が放送された。かつてルフィと友達になった少年・コビーが海軍として再登場し、「えっマジであのコビーくん!?」「ちょっと見ない間にずいぶんイケメンになったね」と話題になっている。

 ビッグ・マム海賊団のテリトリーを見事脱出した麦わらの一味の話は、新聞の1面に掲載され世間に知れ渡ることに。ドレスローザ王国の王族たちも、航海中の船上でルフィの話をしていた。侍女のレベッカが新聞を持って王女・ヴィオラの元へ行くと、海中から勢いよく飛び出してくる人影が。船に降り立った人影は海軍本部大佐・コビーと名乗り、海中から船を狙っていた海賊を撃退したと報告する。

 コビーはその昔、海賊たちの雑用係として海賊船で働いていた。気弱で臆病な性格のためこき使われてばかりだったが、ルフィとの出会いを機に自分の夢を追うことを決意。ルフィと一緒に海賊船を降り、海軍のいる町に繰り出す。降りた町でルフィやゾロと食事をしていると、海軍の一団が現れ海賊は町を出ろと命じてきた。素直に店を出ようとするルフィとゾロに対し、海軍はコビーも仲間じゃないのかと尋ねる。

 その質問に答える代わりに、コビーが海賊船にいたという秘密を暴露しかけるルフィ。バレたら海軍に入れなくなると思ったコビーが思わずルフィを殴ると、ルフィは逆ギレして何発もコビーを殴ってしまう。その様子を見て海軍は、2人が仲間じゃないと判断。コビーはルフィがわざと自分を殴ったのだと気づき、ルフィがいなくなってから自分も海軍になりたいと申し出た。

 ルフィがコビーと出会ったのは、まだ海賊団として本格的に船に乗る前。コビーは今や立派な海軍として王族の船を守り抜き、一方ルフィは新たな海の脅威としてその名を知らしめている。ルフィが載っている新聞を見てこっそり涙を流すコビーには、「いまでもルフィが憧れなんだね」「2人の出会いが懐かしい」「あの泣き虫がこんなに男らしくなるなんて思ってなかった」と感動の声が続出。ルフィとコビー、2人の成長を感じられるエピソードとなった。

■アニメ「ONE PIECE」
放送日:毎週日曜 9:30~
原作:尾田栄一郎
公式サイト:https://one-piece.com/