西島秀俊&内野聖陽演じる同性愛カップルの飯テロドラマ! 『きのう何食べた?』放送スタート

エンタメ

2019/4/12

img01
『きのう何食べた?』15巻(よしながふみ/講談社)

 ドラマ『きのう何食べた?』が、2019年4月5日(金)から放送開始。ネット上では「今まで見た中で1番のドラマ」「当たり前の素晴らしさをこんなに美しく描いてくれるなんて!」「尊い…」と大反響のようだ。

 同ドラマは、雇われ弁護士の史朗こと“シロさん”と美容師の“ケンジ”のほろ苦くもあたたかい毎日と食卓を描いた物語。よしながふみの同名漫画を原作として、シロさん役に西島秀俊、ケンジ役に内野聖陽がキャスティングされている。

 第1話は小さな法律事務所で働くシロさんが、近所の安売りスーパーで買い物をする姿からスタート。45歳になって独身のシロさんを同じ職場の人は怪しむが、実は美容師のケンジと一緒に暮らす同性愛者なのだ。

 そんなある日、商店街で歩いていた2人にケンジの美容院のお客さんが声をかけてくる。自分が同性愛者であると知られたくないシロさんは、店の客にぺらぺらと話したケンジに激怒。しかしそんなシロさんにケンジは「店長はお客さんに自分の奥さんや子どもの話をするのに、なんで俺だけ自分と一緒に住んでる人の話を誰にもしちゃいけないの」と問いかけるのだった―。

 1話を見た視聴者からは「2人とも可愛すぎる!! キャスティング最高…」「名俳優2人の繊細な演技にノックアウトです」「携帯で自撮りしてる風のオープニングもめちゃくちゃいい!」「原作の大事な要素がドラマでも表現されてる」と絶賛の声が。

 またシロさんの作る美味しそうなご飯の数々もドラマの魅力。視聴者からは「これは『孤独のグルメ』に並ぶ飯テロドラマになるかもしれんな」「シロさんの作ってるご飯、本気で美味しそうで再現したい!」「旨い飯を本当に旨そうに食うドラマは素晴らしいよね!」と胃袋を刺激されたようだ。

 第2話では幸せな休日を過ごしていたケンジに、急転直下のできごとが。シロさんが置き忘れた携帯に、女性から「いつもの場所で待ってます」という連絡がきたのだ。不安になったケンジはどんな行動にでるのか…。次週も見逃せない。

■ドラマ「きのう何食べた?」
原作:よしながふみ
監督:中江和仁、野尻克己、片桐健滋
出演:西島秀俊内野聖陽
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kinounanitabeta/