『科捜研の女』今夜新シーズンがスタート!過去にはあの有名俳優があんな役柄を演じたことも…!?

エンタメ

2019/4/18

『科捜研の女 コンプリートBOOK』(ぴあ)

 今夜4月18日(木)からシーズン19がスタートする大人気ドラマ『科捜研の女』。今年で20周年を迎える本作の「20年の歩み」をまるごと1冊にまとめた『科捜研の女 コンプリートBOOK』(ぴあ)が発売中だ。

 本書は予約開始直後にAmazonテレビの本ランキングで「1位」に。発売されるや否やSNS上では、「濃厚な内容」「20年間の歴史が凝縮されている1冊!」「マニアにはたまらない!」などの熱い反響が続いている。

『科捜研の女 コンプリートBOOK』(ぴあ)(c)テレビ朝日・東映

 主役の京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)法医研究員・榊マリコを演じる沢口靖子が語る、このドラマにかける情熱や、印象的で忘れられないシーン、個性的な共演者やスタッフへの愛情こもったコメントが撮りおろしグラビアとともに収められている。沢口が初めて本シリーズの台本を手にとったのは30代のころ。そこから20年を経ても変わらない美しさとエネルギーは、いったいどこから出てくるのだろうか――。

『科捜研の女 コンプリートBOOK』(ぴあ)(c)テレビ朝日・東映

 ドラマのファンなら見逃せないのは、マリコとの名コンビぶりが人気の、京都府警刑事部捜査一課の刑事・土門薫を演じる内藤剛志との息のぴったり合った対談。ふたりの関係は今後どのように発展していくのか、そのヒントがインタビューにも隠されていそうだ。

『科捜研の女 コンプリートBOOK』(ぴあ)(c)テレビ朝日・東映

『科捜研の女 コンプリートBOOK』(ぴあ)(c)テレビ朝日・東映

 主要キャストを務める、若村麻由美、風間トオルのインタビュー、さらに脇を万全の布陣で固めてきた名バイプレイヤーの斉藤暁・金田明夫・西田健、若手トリオの渡部秀・山本ひかる・石井一彰によるふたつの座談会もどれもドラマにまつわる本音トークが詰まった内容だ。さらには、マリコの元夫を演じた渡辺いっけいほか、過去18シーズンの中で意外なキャラクターを演じてきた“アノ有名俳優”らのコメントも見逃せない。

『科捜研の女 コンプリートBOOK』(ぴあ)(c)テレビ朝日・東映
『科捜研の女 コンプリートBOOK』(ぴあ)(c)テレビ朝日・東映

 加えて、本書では「科捜研メンバー&土門刑事のファッションCheck!」「科捜研の秘密兵器コレクション」「ドラマ撮影聖地巡礼」などもしっかり情報を網羅。これまでに放送された回を俯瞰する「全211話エピソードガイド」は、1999年10月にスタートした第1話から、全話にわたるエピソードを辿ることができる、ファン必読のバイブルだ。

 この4月から1年間にわたって放送される『科総研の女』新シーズン。ぜひ本書を片手に、科総研の新しい挑戦を見届けたい。

■テレビ朝日「木曜ミステリー 科捜研の女」

オフィシャルサイト https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/
シーズン19 初回 4月18日(木)放送