第2回「こども本総選挙」のアンバサダーは又吉直樹さんが続投! こどもたちが“最強の本”に選ぶのは?

文芸・カルチャー

2019/6/4

「こどもたちに面白い本と出会える機会を作り、本をもっと身近に感じてもらいたい」という思いから誕生した「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」(以下、「こどもの本総選挙」)。小学生に「一番好きな本」への投票を呼びかけ、選ばれた本の学年別ランキングを子どもたちと共に発表するというイベントだ。

 2017年に投票を受け付けた第1回目には12万8,055人もの小学生が参加し、各メディアで大きく取り上げられた。ベスト10にランクインした本は、全国3,000以上の書店で広く展開され、『ざんねんないきもの事典』シリーズや『おしりたんてい』シリーズ、『ヨシタケシンスケ』作品など、子どもから大人まで楽しめるヒット作の後押しとなった。

 そして今月、第2回「こどもの本総選挙」の開催が発表された。2019年11月1日(金)の「本の日」から投票受け付けをスタートし、2020年5月5日(火)の「こどもの日」に結果発表を行う予定。アンバサダーには第1回目に引き続き、作家でお笑いタレントの又吉直樹さんが就任し、今回も子どもと本との大切な出会いをサポートする。

第1回目の結果発表の様子。

 小学生がより多くの本と触れ合う良い機会になる。投票日まではまだ時間があるので、家族全員でたくさんの作品に親しみ、新たな本との出会いを楽しもう。

■こどもの本総選挙事務局
問い合わせ先電話番号:080-6252-6706(広報担当 山科)
公式サイト:https://www.poplar.co.jp/company/kodomonohon/award/