MONGOL800キヨサク作曲 話題の「想うた」をダウンロードできる!

エンタメ

2019/5/24

「ひとのときを、想う。」誰もが聞いたこのあるこのフレーズは日本たばこ産業株式会社(通称 JT)の企業理念であり、同社はこのフレーズを元に数々の印象的な広告を展開してきた。

 2018年6月からスタートした「想うた」シリーズはそんなJTの最新CMプロジェクトで、「第57 回 JAA 広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」でテレビ広告部門メダリストに選出されている。

 CMの内容は、北村匠海が演じる東京で働く地方出身の若者を主人公にした物語に、たいせつな人への“想い”を“うた”にのせて届けるというもの。au三太郎シリーズなどで知られる篠原誠氏がクリエーティブディレクターを務め、「親を想う」編、「愛する人を想う」編、「仲間を想う」編の3バージョンが作られている。

 この度、CMに使われている3曲の「想うた」がスペシャルサイト内でダウンロード可能になった。篠原氏が作詞し、MONGOL800 のキヨサク氏(Vo&Ba)が作曲して歌い上げている3曲は公開直後から話題となり、視聴者から「結婚式に使いたい」といった声が多く届いていたとか。

 そんな熱い要望に応えた形だが、ダウンロードは8月16日(金)までの期間限定、一般リリースもないため、気になった人は早めに入手しよう。

 サイト内ではさらに、キヨサク氏が3曲をスペシャルメドレーで弾き語るミュージックビデオ「想うた UKULELE SESSION」のMVのほか、CMメイキング映像や出演者インタビュー、撮影時のオフショット、登場人物紹介、グラフィック・歌詞などが視聴できるといったほかコンテンツも盛りだくさんなので、こちらもチェックだ。

■『想うた』スペシャルサイト
https://www.jti.co.jp/omouta/?utm_source=release3