国民的美少女・高橋ひかるが『サンデー』25号に登場!「こんなにはしゃいでるひかるちゃん初めて見たかも」

エンタメ

2019/5/23

img01
『週刊少年サンデー』25号(小学館)

 2019年5月22日(水)発売の『週刊少年サンデー』25号では、表紙&巻頭カラーに高橋ひかる(※高は正しくははしごだか)が登場。美少女感あふれる清純なグラビアは「笑顔がキラキラしてて可愛い」「こんなにはしゃいでるひかるちゃん初めて見たかも」と大好評だ。

 高橋は2014年に「第14回全日本国民的美少女コンテスト」で見事グランプリを獲得し、現在は古田新太主演ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に川崎結衣役で出演している。彼女が『サンデー』に登場するのは約1年ぶり。今回のグラビアでは川遊びやアスレチックなどのアウトドアに挑戦した。

 グラビアの1ページ目では、現役女子高生らしいセーラー服で登場。スクールバッグを肩にかけて身を乗り出す姿は、まるで朝の登校風景に見える。ピンクとブルーのロングスカートを着ているページでは、素足で川に入って服が濡れるのも構わず水遊び。石の上に立って微笑んでいるショットには、読者から「川の妖精さんかと思った」「やっぱりピュアな女の子は自然が似合う!」「やんちゃな表情がたまらない」と歓喜の声が上がった。

 アスレチックを満喫する高橋は、フリルのついたノースリーブにショーパン、ポニーテールという元気な装い。ネットに掴まってピースしたり眺めのいいスポットで遠くを見つめたりと、アクティブな表情が切り取られている。

 グラビアだけでなく、ドラマ「俺スカ」やプライベートにまつわる質問に答えるQ&Aコーナーも。高橋は乃木坂46・白石麻衣に憧れていたそうで、「俺スカ」で共演できたことについて「普段から笑顔が素敵な方で、想像通りのすごく魅力的な方です!」と語った。「高校ラストに必ずやってみたいことは?」という質問には、「制服で青春っぽいことしたい! 制服で走りたい(笑)!」と回答するなど無邪気な一面を見せている。

 高橋の公式インスタグラムでは、制服姿の別カットを公開。撮影の感想などもコメントしているので、こちらもチェックしてみては?