28歳OLのリセット物語『凪のお暇』が黒木主演でドラマ化!「凪は絶対に黒木華」とファン歓喜

エンタメ

2019/5/26

img01
『凪のお暇』1巻(コナリミサト/秋田書店)

 コナリミサトの漫画『凪のお暇』が、黒木華主演でドラマ化することが決定。今もっとも旬な話題作の映像化とあって、「『凪は絶対に黒木華』と思ってたから、すごく嬉しい!」「黒木華ちゃんは凪まんま。今から放送が楽しみ!」と話題になっている。

 原作者のコナリミサトは、『珈琲いかがでしょう』『恋する二日酔い』『宅飲み残念乙女ズ』などを手がけてきた漫画家。連載中の『凪のお暇』は「第8回ananマンガ大賞」を受賞し、現在単行本は累計200万部を突破している。

 同作の主人公・大島凪は、都内で働く28歳のOL。いつも人の顔色ばかりを伺いながら、毎日“なんだかなぁ~”な生活を送っていた。だがそんなある日、彼氏の我聞慎二からの一言によって凪の人生は一変。会社を辞めて家も引き払い、都心郊外の何もない六畳一間のボロアパートへ引っ越してしまう。全ては、自分の人生をリセットするために―。

 原作を読んだ読者からは、「息が止まるほど、あまりに深く共感する場面がある」「のほほんとした絵柄の割に、内容でえぐってくるギャップが面白い」「少しずつ変わっていく凪ちゃんを応援せずにはいられない!」「自分と似ているところがあり、生き方などを考えさせられる」と大好評のようだ。

 ちなみに黒木がTBSの連続ドラマで主演を務めるのは、2016年の「重版出来!」以来のこと。すでに原作を読んだという黒木は、「凪ちゃんの姿に共感して、私も一歩踏み出して頑張ってみようかなと少しでも思ってもらえるように、明るく楽しく一生懸命頑張りたいと思います」と本作への意気込みを語っていた。

 またコナリミサトもドラマ化についてコメントを寄せており、「黒木華さんが凪を演じてくださるとお聞きしたときはうれしくて拳を握りしめました」「ドラマ放送日が本当に本当にたのしみです」と放送を心待ちにしている。ファンだけでなく、原作者も期待を募らせる『凪のお暇』。放送は7月スタートとなるので、見逃さないようにチェックしておこう。

■ドラマ「凪のお暇」
原作:コナリミサト
脚本:大島里美
出演:黒木華 ほか
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/